TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT / LINE STAMP /

【スポンサーリンク】

ひとりごと

【気持ちをつくる】雨が嫌いな理由【ルーティーン】

相変わらず書きたいことがたくさんたまりすぎてて、なハズなのだが、最近はその書きたいことさえ思い出せなくなってきている。 気になったアレコレをメモしておくことさえ億劫になってきたのがその理由。 ただ流れて行ってしまう。 非常によくない傾向だ。人…

知り得ない多くのことを母が経験させてくれる~巻き込まれる人

母はとにかく人がいい。 この場合の「人がいい」はけして誉め言葉ではない。ニュアンス的にはバカに近い。 宗教に熱心で交友関係も広い。広いと言っても近隣で、って意味だけど。 人がいいがゆえに驚くほどいろんなことによく巻き込まれている。 親父が亡く…

ワクチン副反応と健康診断(フルメンテ)

ワクチンはもう国民の半数が打ち終わったそうで。 そのわりにまだ出口の見える気配はありません。 ブレイクスルー感染なんて新たな言葉も出てきて、2回接種が済んでも緊急事態宣言は続いており、帰郷も怖くてままならないこの頃です。 いつになったら安心し…

華麗なる恋愛遍歴(*恋人=仕事)後編

中編からの続き。 コーヒーショップのカレとお別れしてもうじき引っ越すかもって頃に短期の期間限定で工場のカレと付き合った。 工場とは言っても食品系ではなく、印刷物の封入、梱包、仕分けなどの軽作業。当時の自宅から比較的近く、毎年同時期に大量募集…

華麗なる恋愛遍歴(*恋人=仕事)中編

前編からの続き。 リアルでの結婚後、ありがたいことにわたしの生活ははむぺむが面倒見てくれることになった。 専業主婦願望が格別強かったわけではないが、いずれは子供も展望にあったため、パートタイムで働くのが妥当だろうと近場で職場探しを始めたのは…

華麗なる恋愛遍歴(*恋人=仕事)前編

以前ちらっと触れたが、わたしにとって仕事は恋。 職場は恋人だ。 現在は市場の洋食屋に絶賛恋愛中。 ふと立ち止まって足跡を振り返ってみれば、死屍累々華麗なる恋愛たちの轍がくっきりと残っている。 はじめての恋人はマクドナルドだった。 高校一年。まだ…

五輪とコロナとワクチンと

東京五輪、毎日見てます。めちゃくちゃ見てますよ。 いっぽうでコロナ感染は大爆発。 そしてワクチン接種は着実に進んではいるようだが、現場の混乱ぶりがなんかスゴイ。 お久しぶりです。月日がやばいくらい早い!語彙やばい! 書きたいこと溜めに溜めたま…

結婚記念日2021

ひと月に一度は更新したいなと思っていたのについに5月は1回も更新できず。 書きたいネタが山ほど待機中で、寝かせてるうちに埋もれていってしまう状態。 ううう、一日36時間とか48時間とかになんねーかな。 まぁ暇人なのにやりたいことがたまっていく…

人が人を判別する材料~マスク暮らしで気づいたこと

世間はコロナだ時短だまん防だヤン坊マー坊天気予報だって騒がしいですが、変なの混じってるのはさらっと流していただくとして、引っかかったあなたはお年が近いかもね、毎度ばかばかしいお話を。 かれこれコロナ騒ぎが始まって1年以上が経つわけだが、相変…

コロナの真の怖さを垣間見た話

*本記事はあくまでいち素人の感想記事で、医療的科学的観点から正しいことはたぶんまるで書いておりません。そんなやつはいないでしょうがこれをもって安易にご自分の病状を判断したりするのは絶対おやめください。 *病気に関する内容のため直截的にお見苦…

心と身体と、脳のバランス

職場を変えてはやひと月。 いや、まだひと月!?って自分が一番びっくりしている。 馴染み過ぎてもう3年くらい勤めてる気がしている。 仕事ができるって意味では決してないが、なにぶんさんざん親しんだ飲食畑。なんの違和感もなく大喜びで走り回っている。…

また転職~さすらうアラフォー

パートというお気楽身分なのは大前提として、また職が変わります。 現在のお仕事先関連はこちら www.hampemtarutaru.com www.hampemtarutaru.com www.hampemtarutaru.com www.hampemtarutaru.com www.hampemtarutaru.com 仕事に不満らしい不満はなかった。 …

住所変更、大事。~通帳をなくしてあわてた話

もう2月ですってよ。124年ぶりの1日前倒しだった節分も過ぎて、暦の上では春ですってよ。 ちぃと早くないかい、月日さんよ。もうすこしのんびりでもいいんですぜ。 www.hampemtarutaru.com さて相変わらず書きたいことはごんまり山積みで、しかももしかして…

2021年明けの正気なご挨拶

あけましておめでとうございます。 年々年越しがそう特別なものでもなくなっていく、感じがなんだか嬉しくもあり少し寂しくもあるこの頃です。 正月というのは、子供~若い頃には非常に特別なものでした。 年末には見たこともないような量の食料品と、名前も…

2020年暮れの元気なご挨拶

書きかけの日記がうんざりするほどたまったまま気づけば暦は押し迫ってまいりました。 とりあえず暮れのご挨拶だけはしておきます。 コロナに明け暮れた2020年でしたね。 世界が文字通り一変してしまい、なんだか行き場のない気持ちが気付かないうちに自分の…

コミュ力最強論~望んじゃいない猿山のボス

職場に新しいパートさんがドカンと入ってきた。 まだ名前も顔も一致しないが、それなりに和気あいあいと働けている。 もっともそう思っているのはわたしだけかもしれない。 長く監督をしてくれていたBさんが急に現場を離れることとなり、戦場は少々混乱して…

言ったもん勝ちだけど、言うには覚悟と責任が伴う

よく「世の中言ったもん勝ち」だって言うじゃない。 そしてそれにはたいがい、マイナスイメージが伴う。 要するに「自己中、わがまま、言いたい放題な人が結局トクするのよね」みたいな話。 わたしは分類すれば言うほうだ。 メチャクチャ言うほう。 でも正直…

言わない聞かないしゃべらない~コミュニケーションはどこまで必要か

現在の職場に不満はいまのところない。 パートさん同士はかれこれ7カ月生き残ってきているメンツ、どなたも仕事ができて最低限以上のコミュニケーション能力も持っていて、お互いの関係性も非常に良好だ。 ほどほどの距離間で他愛もない話をしつつ、過酷な労…

生産のヨロコビ

このほど、お勤め先で育てている野菜が地元の物産スーパー店頭に並ぶはこびとなった。 www.hampemtarutaru.com 勤め始めて5カ月ほど。 理科の実験的、かつなかなかの肉体労働。 すでに種まきから収穫までの流れを何度も繰り返してはきたし、商業用として出荷…

【作品が好き?作者が好き?】ファンの定義【愛だろ、愛】

かの速水真澄の名言に 「ファンとは、バカなものだな」 というのがある。 ハイハイ速水さんがわからない人はコレ読んでくださいね。 ガラスの仮面 1 作者:美内 すずえ 発売日: 2018/11/22 メディア: Kindle版 舞台女優としてのマヤに惚れこむあまり公私混同…

「オカシイ」という言葉は誉めてる?貶してる?~ブレることにブレない

言葉のニュアンスというのは実に面白いもので、発し手によっても受け手によっても印象が変わってくる。 凡非凡なんてのはその最たるもんだ。 今回の話を語る前にぜひこちらの記事に目を通していただきたく。 www.hampemtarutaru.com 「凡人」と言われるとな…

愛車君とのお別れ~15年ありがとうマイチャリ!

先日、通勤途中にチャリがパンクした。 さいわい道半ば以上は行っていたので時間で困ることはなかったが、ついにこの日が来たかと思った。 ただのパンクだし、直せば乗れないこともない。 だけど、もうかれこれ15年くらい乗ってる。 日頃手入れもしてあげな…

言葉は凶器~社交性は暴力性

ペンは剣よりも強しなんてよく言うが、言葉は凶器そのものだ。 便利なツールであることは間違いない。 必要事項の伝達だけにとどまらず、自分の気持ちを相手に伝えたり、相手の気持ちを汲み取ることもできる。 人間やっていく上では便利以前に必須。ないと成…

文章を書くのがのろくなってきた

ここ最近、自分でもわかるくらい文章を書くのがのろくなってきた。 もともとそれほど早いほうでもないが、拍車をかけてひどい。 目が見えにくくなったとか、キーボードを打つのが遅くなったとか、そういう物理的な話ではなく、もっと脳的、あるいは感情的な…

Tシャツの柄、見てますか?

先日久しぶりに古着屋でTシャツを何枚か購入した。 1枚300円とかで、3枚以上買うと以降は1枚100円になるという謎の価格設定のお店(税抜)。 服を買う趣味はまるでないが、こういうのは失敗しても痛くないので好き。 そのときに、はむぺむが昔の新日本プロレ…

会食は横並びで、おしゃべりを控えて

つかラーメン屋だよね ようやく一時収束の雰囲気が漂ってきた新型コロナだが、単に季節が進んだから一時休憩、みたいなふうに個人的には受け取ってる。 秋から冬に向かう季節になれば高い確率で第2波は来るだろうし、まだそのときには薬やらワクチンやらは間…

結婚記念日2020

先日めでたく結婚記念日を迎えました。 相変わらず記念日に頓着がないので特に何をするではなかったですが、おたがいに長い日々を少しだけ振り返りつつ感謝とこれからもよろしくといった意味のことを伝えあいました。 実際に出会って一緒に時間を過ごすよう…

コロナ鬱気味~自己肯定感が著しく下がっている

「単純」「忘れっぽい」「バカ」ということで、わたしは基本的にうつ病系にはとんと縁のない性質ではあるのだが、過去一度心療内科を受診したことがある。 そんときの医者のお見立ては「うつ病」だった。 もう6年も前のこと。 当時、生活のうえでどうしても…

暇だと普段気にならないことが気になる

ここんとこアヤシイ詩をアップしているが、それはそもそも以下の記事を探していた時に出てきたものだった。 書いたの10年以上前だが、近頃のご時世でなんとなーくモヤっとしていたことを、さらにモヤっとした感じで書いていた。 ちょうどリーマンショックの…

新型コロナウイルスは「何がわからないのかわからない」のが不気味

コロナによる騒動が身近で聞かれるようになってからもう2か月以上が過ぎた。 ぼけっとしとる間にあっという間に世界じゅうに広がり、各地で文字通り猛威を振るい、世界ではもうすでに4月16日現在で13万もの人が命を落とした。 2月ごろの当初は世間も…

【スポンサーリンク】