TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

立場や肩書で態度って変わるもの?~ヒトは一律でヒト

f:id:hampemtarutaru:20190216104328p:plain

 

学生時代はわりといろんなアルバイトをした。

なかでも長くやったのはマクドナルド。高校1年から店舗を変えながらだが大学卒業まで勤め上げた。

オープンもクローズもできないへっぽこMGRだったが、店長代理のネームプレートをつけさせてもらっていた。

 

そのころ、何で知ったかもうネタ元は忘れたが、どこぞの店舗にマライア・キャリーが訪れて、朝メニューしかない時間帯にどうしてもチーズバーガーが食べたいとねだられて提供した、という話を知った。

 

当時のマライアは文字通り今をときめく世界の歌姫。その話もどちらかというと自慢話というか、こんなスゴイ人が来てこんなサービスをしたのよ、みたいなニュアンスで取り上げられていたように記憶している。

だがわたしはその話を聞いたか読んだかしたときの感情は、不可解と嫌悪感だった。

 

もう20年以上まえの話なので今がどうかは知らないが、当時マクドナルドは朝メニューの時間帯は通常メニューの提供はいっさいしていなかった。

10時になるとターンオーバーと呼ばれる朝昼メニューの入れ替え作業が店頭でも厨房でも行われる。朝は朝のメニュー用の器材や道具が並んでいるので、そのままでは昼のメニューは作れない。

物理的にどうこうではなく、そういうルールだからできないのだ。

 

いくら世界の歌姫だからって、そんなワガママがまかりとおるのはおかしくない?

って普通に思った。

大統領だからって法を冒していいわけじゃないだろ。きまりごとってのは、立場や肩書関係なく守るべきものだからこそきまりごととしての意味があるのであって、エライ人や有名人ならそれが免除されるわけじゃないだろ。

 

チーズバーガーを食べたいと言ったマライアを責めるつもりはない。

どちらかと言うと、無理を承知で「マライアなんだからそんくらいしてくれよ」ってねじこんだスタッフ側に問題がある。

もっと言うと、それを甘受した店側の対応が個人的にはまるで納得がいかない。

ダメだろ、特別扱いしちゃ。客は一律で客だろ。

 

こういう思考が「融通が利かない」のだと、自分でもよくわかる。

たとえば常連さんが来たらジュースの一杯くらいごちそうしてあげたいし、いつも来てくれるがんばってる貧乏な若者にはそっと目配せチャーシューをいつもおまけに2、3枚してあげたい(Byきよし)。

でもその感じと、立場や肩書に従ってルールを破るのってなんかちょっと違う気がしてさ。

 

ちょうどそんな話を聞いたころに、わたしはとある夢を見た。

夢の中では誰か知らないえらそうなお客さんが、わたしに「ハンバーガーのバンズ(パン)と肉だけをバラで売ってほしい」と頼んできた。

わたしは「調理したものが商品なので、調理前のものは売れません」とお断りした。

客はなかば脅すような口調で黙っていればわからないからと食い下がる。

わたしは頑なに断る。

とうとう客は「口止め料としてン百万君に払うから。キミからバラで買ったって絶対誰にも言わない、ちゃんと調理したものを買ったって言うから」とまで言ってきた。

それでもわたしは「申し訳ありませんが無理です」と断り続けていた。

 

 

目が覚めてからしばらく悩んだ。実はいまでも悩んでいる。

その対応が正解だったのかどうか。

 

 

格別法を遵守しなければとか思ってるわけでもないし、正義感だって強くない。

だけどなんか、「仕事」となると「きまりごと」を破るのは絶対ご法度って思考なんだよね。自分でも不思議だけど。

 

それと同じくらい持ってる感覚が、先述したが「客は一律で客」。

いやもちろん友達とか、同僚の知り合いとか、手心まったく加えないわけじゃない。

そうじゃなくて、社長だからいい席に通さなきゃとか、お得意さんだからほかの客より丁寧に対応しなきゃとか、そういう意識があまりない。

ないというか極力持ちたくない。

おんなじお金を払ってくれる以上、客は客で同等。それ以上でもそれ以下でもない。

 

 

というかたぶんもっと言うと、基本思想として「ヒトは一律でヒト」って思ってるから、特別扱いとか区別化ができない。

 

www.hampemtarutaru.com

 

自分が好きな人には特別扱いしてあげたいって、そこは人間だから普通に思うけどさ。

偉い人だから緊張するとか、肩書ある人だから態度変えなきゃとか、そういうのは全然思えない。

 

www.hampemtarutaru.com

 

なんぼエラくても、酒飲めば普通のオッサンだしオバサンだ。

そんな席でまで肩書ぶらさげて生きなきゃいけないなんて堅苦しいだろ。

むしろ仕事を離れてまで肩書や立場を盾にする人は、それだけ自分自身に魅力も自信もないんだろうな。

 

まあそういうふうに言えるのは、立場や肩書と無縁の環境で生きているからこそ、なんだってこともわかってるけどね。

親父がことさら肩書や権威に弱い性格だったのもあって、そういう部分に対して過剰に頑固になってる自分もよく理解してる。

「社会的にエライからって、なんでペコペコしなきゃいけないのさ!」みたいに。

 

 

www.hampemtarutaru.com

 

よくお店に来てくれる常連さんが最近「社長」に肩書が変わった。

 

 

「社長って呼んだ方がいい?」と訊くと(この質問自体がもうアレだが!)

 

「いや全然いいよ、むしろやめて」

 

「社長っていうといっぱいいるしね。個人の識別が難しくなるからね」

 

「フィリピンパブ行けばどうせみんな社長だしね」

 

 

 あー、あー、なるほどね。だから殿方はフィリピンパブ好きなのかも!

 

 

 …なんか話がヘンなところに着陸したが。

 

 

相手の肩書や立場を尊重することも時には必要、ってのはある程度オトナになった今では理解できることだけど。

やっぱりいまでも、ヒトは一律でヒト、って感覚は全然抜けない。

 

わたしにとって、態度が変わる相手はただひとり、はむぺむだけ。

あとは大スターでもマフィアのボスでも、みーんな平等なのです。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

変化するバレンタイン~人からもらったお菓子の味

f:id:hampemtarutaru:20190215170830p:plain

 

昨日の延長戦みたいな話。

 

www.hampemtarutaru.com

わたしが学生の頃は、まだ「友チョコ」みたいな文化がほとんどなかった。

バレンタインはあくまで「女性から男性に」愛と感謝を伝えるイベントだったと言っていい。

きらびやかなパッケージで並ぶ眩しい華やかなチョコレートの行先はもれなく男性をターゲットにしていた。

まあ、実際もらった人が家に持って帰ってからは、その多くが家族である女性(母や姉妹)の腹におさまっていただろうことは想像に難くないが、ともかく当時はそういうイベントとして認識されていた。

 

だが時代は流れ、いつごろからか友チョコというものが流行りだし。

同性同士でバレンタインにチョコレートを贈りあうこともまったくおかしなことではなくなった。

いいことだ。むしろいまどきの人がうらやましいくらいだ。学生時代にその文化があったらよかったなー。チョコ食べ放題だったのに…(なんか違う)。

 

ともかくも、そうした喜ばしい形にバレンタインというイベントは変化した。

決戦の日と気負う女子の姿も、なんとなくソワソワする男子の姿も、遠い昔のものとなった。

 

 

話はすこし飛ぶが、はむぺむはよくわたしにお菓子を買ってきてくれる。

 

www.hampemtarutaru.com

 

自分でもお菓子はよく買って食べるので、かぶることもあるのだが。

はむぺむが買ってくれたものは格別おいしく感じる。

それを誰が選んで買ってくれたのかこそが重要で、言ってみれば実際の味に愛情が上乗せされる。

舌で食ってるんじゃなく、脳で、心で食ってる部分が大きい。

 

でもたぶん、割合で言うとそういう風に感じるのは女子の方が多いんだろうなーと。

女は誰とどこでどういうシチュエーションで食うか、ってのが重要で、だから雰囲気も大事にするけど、殿方は味優先っていうかもうちょっと即物的っていうか、店構えで舌先の感覚が変わったりしないもんな。

 

そういう意味で言うと、わたしってばものすっごい女子っぽいんじゃね?

…うん、これが言いたかっただけ!

 

 

 

バレンタイン、Iちゃんがシューラスクをくれました。

 

f:id:hampemtarutaru:20190214101230j:plain

 

めっちゃ美味…!

さくさくカリカリしてて、とまんなかった!

わたしの好みをばっちり把握したうえでのセレクト。

さすがやるなIちゃん…惚れるぜ…。

 

www.hampemtarutaru.com

 

そしてもうひとりの同僚Sちゃんからはなーんと手作りのガトーショコラ。

人生でバレンタインに手作りチョコをもらう日が来るとは思わなかったよ…!

すげえちゃんとしたガトーショコラでした。

 

f:id:hampemtarutaru:20190215171731j:plain

 


人からもらったお菓子の味は格別。

それが異性でも同性でも、好きな相手ならなおさら。

言うまでもないだろうが色恋だけでなく、人間的にってのも含めての「好き」ね。

 

相手が自分のことを考えて選んでくれるんだもん、その時間を費やしてくれるだけでも幸せなのに、その好意が上乗せされて甘いものとして自分に届いたらおいしくないわけがない。

 

性別役職立場や愛も関係なく、ただ自分が好きな人とチョコを贈りあうだけで最高に幸せ。

義理チョコとかお返しとか切り離して、もっと単純に楽しめるものに現在も成長してる最中なんじゃなかろうか。

 

 

バレンタインは実に素敵なイベントです!(力説)

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

バレンタイン2019~今年も特設会場へ行ってきた

f:id:hampemtarutaru:20190214103152p:plain

 


バレンタインデーですな。

 

過去の様子はこちら

 おととし

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

去年

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

 

今年も特設会場へ行ってきました。

もはや誰かにあげることよりも、例年会場へ行って楽しんで買い物をして、戦利品を自分でおいしくいただくことがこのイベントの主目的になっています。

 

ラスクは3本入りを購入して買い物に行った仲間とシェア。

f:id:hampemtarutaru:20190214100647j:plain

shop.monei.jp

 

以下2種は完全自分用。 いわゆるバレンタインらしいチョコが欲しかった。

あとで知ったが2個とも同じメーカーだった。

 

 

こちらはストロベリートリュフが美味じゃった。

f:id:hampemtarutaru:20190214100707j:plain

 

f:id:hampemtarutaru:20190214100722j:plain

www.daskajapan.com

 

こちらは試食してうまかったので思わず購入。

はむぺむと1個ずつ食べようと思ったんだがやはり甘いものには見向きもされなかったので結局わたしがおいしくいただいた。

 

f:id:hampemtarutaru:20190214101101j:plain

 

f:id:hampemtarutaru:20190214101121j:plain

 

www.daskajapan.com

 

今年も特設会場は熱気にあふれておりました。

近頃はやれパワハラだセクハラだって悪しき風習の一面ばかりがクローズアップされがちだけど、単純に日頃の感謝をお菓子で気軽に表すイベントとしては楽しめるものだと思うけどねえ。

ま、日頃の感謝っていうにはちょっと手軽でもなく値段も張るけどね。

 

 

個人的にはイベントにかこつけて普段食べないような高価なモノを食えるので、バレンタインは好きなイベントです。

え、そういう話じゃないって?

まーいーじゃねーの、あったかくしておいしいもん食ってれば人間幸せだって。

 

 

 

スーパーで見かけた「もちちょこ」がかわいかったので思わず購入。

でもコレは見かけほどおいしくなかった…。

 

f:id:hampemtarutaru:20190214101139j:plain

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

【小ネタ】感じる事はそれぞれ

f:id:hampemtarutaru:20190213165126p:plain

 

都内ドライブへ行った際、あまりの素敵なロケーションに愛車の写真を撮った。

 

www.hampemtarutaru.com

都会的な背景と美しい青空がマッチして、カタログみたいにカッコイイ。

我ながらいい写真が撮れたじゃない。なにこれ誰の車?メチャクチャカッコイイ!

 

 

とニヤニヤしながらはむぺむに写真を送ると、すぐさま返信が。

 

 

送り返されてきたのはまったく同じ写真。

よく見ると車体に横書きで

 

藤原とうふ店

 

と書かれていた。

 

 

ハイハイわからない人はこれ読んでくださいねー。

 

頭文字D(1) (ヤンマガKCスペシャル)

頭文字D(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

カタログばりの都会的な写真だと思ったのに秒でオトされて微妙な気持ちになりました。

同じ写真を見ても感じることはそれぞれなんだねえ。

いや、もちろん言うまでもなくニヤニヤしちゃったけどね。

夫婦は笑いのツボも一緒ですから。

 

 

峠を攻めるような種類の車ではありません。むしろ街乗り推奨。

っていうか酔うからやめてください。

 

www.hampemtarutaru.com

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

都内ドライブ~東京は五輪へと着々と準備していた

f:id:hampemtarutaru:20190212093044p:plain

 

休日の朝、開々亭へとドライブがてらラーメンを食べに。

 

www.hampemtarutaru.com

おいしくいただいたのち、そのまま車でぐるりと都内。

よく通るルートは首都高6号向島線。

隅田川沿いを走る。真横にはスカイツリー

駒形PAにも寄る。駒形はホントに何もないちっさいPAなんだけど、それがなんか首都高っぽくて好き。

 

 

首都高は車窓の景色が実に楽しいので、助手席でドライブするぶんには大好きだ。

いつまでだって乗ってたい。

でも運転しろって言われるといきなりハードル上がるんだよね。

道が狭くて分岐とかも難解なうえに入口出口も左右決まっておらず、おまけに合流までの区間が極端に短い。

正直初心者や運転に自信のない人は走っちゃいけないレベルの道だと思う。

ホント怖い。

自分の運転だと、時間かかっても下道で帰りたいってなる。

 

 

この日はそのまま南下して新しくなった豊洲をチラ見に。

たぶん一般車両は入っちゃいけないエリアに迷い込んでしまい、そのぶんエキサイティングな景色を見られた。

降りて観光したかったけどそれはまたのお楽しみということで。

 

 

そのあたりで改めて見渡すと、見事な都会的景色が広がる。

壮観のひとこと。

屹立するビル群の中を走る首都高、レインボーブリッジ、ゆりかもめ、おおこれぞ花の都東京!(←ナンダコレ)

 

f:id:hampemtarutaru:20190212093335j:plain

 

そこかしこにでかいクレーンが見受けられる。

東京はいつも工事してるイメージではあるけど、それにしてもすごい数。

ああ、五輪に向けて着々と準備が進んでるんだなーって実感できた。

都内でこういう景色を見ないと、実感なんてする機会ないもんね。

 

f:id:hampemtarutaru:20190212093500j:plain


東京はいつ行っても、猥雑でエネルギッシュな場所だなあ。

いやそれは土地柄ってわけでなくて、単にそれだけ多くのヒトやモノが集まっていて、その熱量が多いからそう感じるだけなのかもしれないけど。

 

 

住みたいと思うことはないけど、時々行くには刺激的でワクワクして好き。

近くて遠い大都会は、わたしにとっては大好きな観光地なのです。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【フィギュアスケート】紀平・宇野逆転優勝【四大陸選手権】

f:id:hampemtarutaru:20190211115434p:plain

 


フィギュアスケートも好きでよく見てます。

でもルールとか技の種類とかはあんまりわかってません。

 ただ見てるだけ。

 

www.hampemtarutaru.com

 

www.hampemtarutaru.com

 

四大陸選手権、 男女ともショートプログラムで出遅れたエースが、ふたりそろって鮮やかな逆転優勝。

紀平梨花と宇野冒磨。見事でした。

なんかもう、日本のフォギュアはほんとうにすごいね。

 

 

さすがに伊藤みどりはリアルタイムではぼんやりとしか覚えてないけど、荒川静香浅田真央高橋大輔羽生結弦と記憶にも記録にも残る五輪メダリストたちがずらり。

演技で使われた楽曲とかも覚えてるな。

 

スケート自体わたしはまったく滑れないから逆に理解できることも少ないんだろうけど、特にジャンプ、3回転とか4回転ってのがどれだけ大変かって想像するだけでギョッとする。物理的、常識的な範囲を軽く超えてくる感じで。

 

もともとの運動能力に加えて、考えうるよりもはるかに地道な体作りと練習とに支えられたギリギリの成果なんだろうな。

美しいだけに、その姿に隠されたいろんなものに驚かされる。

 

 

ところで「四大陸」ってなんやねんって思って調べたが、「欧州以外の地域」って解釈でOKみたいだ。

もともと欧州選手権ってのが先にあって、じゃあそれに参加できない地域でもやろうぜってなったのが四大陸だったそうな。

脅威の4回転ジャンパーを量産するロシアもヨーロッパなので、次の世界選手権はそんな楽しみもあるね。

 

 

フィギュアスケートも、まだまだ目が離せません。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【小ネタ】ミトン熱い教

f:id:hampemtarutaru:20190209215105p:plain

 

 いわゆる鍋つかみってのをあまり使わないほう。

ちゃんとした高いのを使ったことがないせいもあるのかもしれないが、どうにもミトンってつけても熱っついイメージしかなくってさ。

 

うちは土鍋出動率がわりと高い。

台ふきんを濡らして2枚でつかむのがわたし的にはもっとも熱くない方法なのだけど、衛生的とは言いがたいかな。

わたしは気にしていなかったのだが、はむぺむはそれがいやだと言ってきた。

 

ので、やむなくミトンを購入。

 こういうフツーのやつ。

 

さっそく使ってみるが、やはり熱い。

そりゃ直でつかむよりははるかにマシだが、じんわりと布越しに熱さが伝わってくる。

 

 

両手にミトンをはめ、土鍋をテーブルへ運ぶ時に

 

「ミトンあつい。ミトン熱っついよー」

 

と口癖のように言うようになった。


 

それを聞いていたはむぺむが

 

「あ、ミトン熱い教の人が来た」。

 

 

宗教?宗教なの?

 

 

なんか妙に気に入ってます。

 

いや、ミトンがじゃなくてミトン熱い教がね。

だからなんだソレ。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

最近ハマったスマホゲーム~マージプレイン

f:id:hampemtarutaru:20190209090435p:plain

 

はむぺむはもともとゲームが好きな人なのだが、仕事柄まとまった時間を取ったり、定期的にログインしたり、イベント時間に合わせたりするような種類のゲームはまずできないと言っていい。

したがってプレイするゲームはどうしたって単発で刹那的な楽しみ方のものばかりになってしまう。

継続的に協力プレイとかあるものは厳しいもんね。まあやりたがらないけど。

あとは長期休みとかになるとアナログの機体を引っ張り出してきて遊ぶ。ファミコンとかスーファミとか。

 

 

それでもときどきはなにかしら見つけてきて、一緒にプレイすることはある。

一緒にって言っても協力してなにかするとかではないので、単に同じものをやってるだけ、なんだけど。

離れていても同じ弁当を食ってるとちょっと幸せな気持ちになる、みたいな。

…ちょっと違うか?

 

 

 過去やってたスマホゲーム各種

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

 

 

というわけで、いまハマってるのはこちら。

マージプレインという名前の、飛行機を飛ばしてひたすらお金を稼ぐ放置ゲー。

イベントとも呼びがたいショボイイベントが定期的に来るところを見ると、たぶんもうリリースからは結構経ってるんじゃないかな。

 

play.google.com

実際やってみるとホントに「放置ゲー」だ。

ひたすら飛行機をぶん回してお金を稼いで、グレードの高い飛行機を手に入れていくだけ。

 

ただし、その成長速度を速める方法はあると言えばある。

ひとつは言うまでもなく課金することだ。どんなゲームでもこの仕組みがないとそもそもゲームとして成り立ちにくい。

もうひとつの方法は、スマホゲームではもうおなじみなのかな、「広告を見る」。

 

当然それを辛抱強く続ければ成長速度は早まる。

なので、放置ゲーというよりは張り付きゲーと言っていいかも。

 

言うまでもなく張り付いてる時間がない人が代わりに課金をしたりするわけだが、課金もして張り付いてって人がいたとしたらはなからかなうわけないよな。

なかなか不毛だ。

 

知りつつもなんとなくログインして飛行機を回しつつせっせと広告を眺めている。

強制的に何度も繰り返し流される広告を見ていると、結構やってみたいものもある。

でもわたしのスマホはすでに容量がいっぱいなので、新しいゲームを入れるためには古いゲームを消さねばならない。

 

 

というわけで、まだしばらくはMarge Planeで遊んでいる予定。

なんも考えずにスマホ画面を眺めていると眠くなるから、寝る前に遊ぶには最適なんだよね。

 

つまり、いつも寝てるってことだ。暇人バンザイ!(そういうのでいいのか?)

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【出前最高】釜めし 釜福【自宅バンザイ】

f:id:hampemtarutaru:20190207170020p:plain

 

とある日、外食はなんか行きたい気分でもなく、出前を取ることになった。

 

 

 わりと出前好きな我が家

www.hampemtarutaru.com

 

チラシをひっくり返しながら何を頼むか迷う。

そういえば釜めしは頼んだことなかったっけねえ。

ということで釜福に決定。出前寿司をやってる「つきじ海賓」の系統会社のようだ。

 

メニューを見ていくと、オヤッ、釜めし御膳なんてのがある。

釜めしに刺身と天ぷら、茶碗蒸しまでついてる。

お値段は張るが、これは和食屋さんに出かけることを思えばアリな気がする。

 

わたくしはカニいくら釜めし御膳をセレクト、2580円也。

はむぺむは五目釜めしと角煮釜めしの二本立て+まぐろ山かけ、2980円。

 

待つこと30分程度、一式届きました。

 

こちらが御膳。天ぷらはエビとカボチャと…あと1個ははむぺむに食われたため不明。

お刺身はマグロ、甘海老、サーモン、イカ

だし巻たまごとお漬物に茶碗蒸し。おおう、結構ちゃんとしてる。豪勢やんけ。

 

f:id:hampemtarutaru:20190207170220j:plain

 

釜めしはなかなかゴッツな容器。そりゃ釜めしだもんね。

都合3個頼んだので、御膳のアレコレもあわせると返却容器だけでけっこうな量になる。

 

f:id:hampemtarutaru:20190207170326j:plain

 

さてホクホクといただきまーすとフタを取る。

えーと、アレ?いくらは?

乗せ忘れた?

 

f:id:hampemtarutaru:20190207170237j:plain

 

お店に電話をすると別容器になっていますと言われるも、探しても見つからず。

ちょっと申し訳ないと思いつつも届けてもらった。

二度手間でスマンが、やっぱいくらがないと…ねえ?

 

お届けに来てくれた際、ていねいに謝られ、お詫びにとパックのお茶もいただいた。

 

さ、気を取り直していくらを乗せていただきまーす。

 

f:id:hampemtarutaru:20190207170341j:plain

 

ウム、そこそこ美味じゃった。

自宅であんなちゃんとした御膳セットが食えるなら、わざわざ出かけるより百倍いいなあ。

洗い物はめんどくさいし、返却容器も重くて大量ではあったけど、それを補って余りある魅力だ。

家大好きなわれわれにはホント最高。鉄板でリピする。

 

 

ところで、この注文品のなかにポットがついててさ。

魔法瓶の卓上サイズみたいな、いわゆるポット。

まさにコレ。

 

届けてくれた人にちゃんと聞かなかったので、中身が謎で。

お味噌汁…は具なしでポットに入れるのもオカシイし。

お茶…もあとから頂いたパックのやつがあるみたいだし。

お湯…なわけないよな、それこそ意味わかんね。

 

中身は、お出汁でした。

 

あんまり釜めしって食べる文化がないから知らなかったんだけど、半分くらい食べたらお出汁を入れて茶漬け風?にして食べるってのが風習としてあるみたいだね。

しかも全部食べた後は、だし汁に薬味の残りを入れてお吸い物として飲めと。

おお、なんと無駄がない。

 

 

自宅で釜めし、想像以上によかった!

やっぱ自宅が最高です!(そこ?)

 

 

http://www.kamafuku.com/

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【小ネタ】ナントカ系の顔

f:id:hampemtarutaru:20190207084535p:plain

 

自分で言っておいてなんだがデニーズ系ってどんな顔だ。

ファミレスっぽいのか?24時間働ける系か?

まあ音遊びなのでそんなのはどうでもいいのだが。

 

音ではちょっと落ちるけどグーニーズ系でもいいな。

それのほうが顔系統としては近いか…?

 

いやまあ、実物はゴツめのガテン系ですけどね。

世間的に見てイケメンとまではさすがに言わないけど、わたしから見たら世界一イイ男なのは言うまでもありませんぜ!(ゴリゴリ)

 

 

ゆうべスティーブ・マックイーンの話が出て、わたし子供の頃アホみたいに好きだったんだよ彼のこと。

やっぱ今見ても問答無用でカッコイイなー♥って言ってたら

 

 

「そういう感覚ってホント不思議。俺から見たらオマエが世界一かわいいのに」

 

 

キャー!キャー!!!///

こういうとこ!こういうのさらっと言っちゃうとこ!

 

 

ホントはむぺむの嫁やってて幸せですわー!

 

 

 

子供の頃は彼を追いかけてアメリカへ行きたかった。

わたしが2歳の時に死んでるけど。


「大脱走マーチ The Great Escape March」

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】