TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

Iちゃんへのラブレター~わたしもうかうかしてられないぜ

f:id:hampemtarutaru:20190416193135p:plain

 

再三書いてきているが、わたしは友達が少ない。

べつにロンリーウルフを決め込んでいるわけではもちろんなく、単に他人との接触自体が極端に少ない環境で暮らしていることがそのおもな理由。

あとはまあ、引きこもり気味だったり、あまりに厚顔無恥だったり…その辺はお察し。

 

 

基本的にわたしは他人が好きだが人間は嫌いだ。

どんな人でも愛せる自信があるけど、同じくらいどんな人だって嫌いになれる。

ぐいぐい行く自分がウザいのも自覚してるので、ある程度まで距離を詰めるとそれ以上は踏み込まないようにする。

なついてくれれば、向こうから懐に入ってきてくれるようになる。

つまり「先方がわたしを受け容れてくれる」ことが、付き合いが長く続く理由になるわけだ。

 

 

数少ない友人のひとりとして数えてよさそうなのは、現在の店で出会ったIちゃん。

もう4年半の付き合いになるんだな。

出会ったころのIちゃんは、キラキラ系女子全開、といった趣の人だった。

キレイなモノや女子っぽいアイテムが好きで、お化粧やエステ、ファッション、マラソンやら糖質制限の食事やら、いわゆる都会的女子が憧れて実践しまくるザ・女子。

わたしとはかけ離れ過ぎるくらいかけ離れている。

持ってる要素が違い過ぎる。コレ仲良くなれんのか?

と、遠いよ…!

 

唯一ギリギリかぶってるかな、ってあたりの「少女漫画」が交流を深めるきっかけになった。

何度か仕事を離れて言葉を交わすうちに、最初に持っていた印象とは別の顔が少しずつ見られるようになり、興味を持つようになった。

 

 

ドライに見えて案外情に厚い。

野心に近い向上心があり、わりと根性論寄り。

表情に出さないけど負けず嫌い。

一緒に働く以上にプライベートな時間を共有する機会も増え、そこで交わす言葉によってお互いの脳内をさらけ出す感じになる。

わたしもほかの誰にも言えない、言いにくい話も彼女には包み隠さずするようになり、おかげでずいぶん救われた。

 

 

彼女の方も、どーでもいい話から人生の本質に近づくような話までしてくれるようになった。

時々「わたしばっかりしゃべってるかな?」って心配になることもあったけど、最近は特にちゃんと意思表示と、自分の考えも述べてくれるようになり。

そしてそれがまたなかなかに興味深い。

 

 

ずっとなんだかんだ間断なく付き合いが続いているから気づきにくかったけど、正直4年前の彼女とは別人と言っていいくらい、彼女は変わった。

上から視点になっちゃってちょっと恐縮だがそれ以外の表現が見当たらないので。

ものすごい速度で「成長」しているのだ。

 

 

彼女は店以外にも別の仕事を持つようになり、そこで多くの人とふれあっているのがその急激な成長のおもな理由であろう。

あとは本を貸すようになって、多少の好き嫌いはあれども読んでくれるようになったので、それも一因にはなっていると思う。

自身の母もそうだったが、まったく読んだことのない人が本を読むと、ほんとうに誰が見てもわかるくらい一冊読むごとに成長していく。

 

 

多少極論だが、中身に何が書いてあるかというよりは、びっしり詰め込まれた文字情報と長時間向き合い、それを征服する達成感が読み手に何かをもたらすのだろうと思う。

ゲームをクリアするとかと一緒の感じだ。

楽しさはもちろんだけど、伴う我慢と忍耐とを克服するという目に見えたゴールがあるからね。

言うまでもなく読み解く努力や集中力も鍛えられる。

 

 

だいぶ年下の、キラキラ系女子。

モノをあまり知っているタイプでもなかったから、いろんな話をして教えてあげる感じだった、ハズなのに。

いつの頃からか彼女の行動に驚かされ、彼女の言葉に喜び、彼女と対等に過ごす時間がとても心地よくなった。

 

 

もともと持ってるスペックは誰が見たって彼女の方が高い。

これ、うかうかしてるとかるーく抜かされるぞ。

気が付いたらヒトとして差をつけられちゃうぞ。

たった数年のアドバンテージなんざ、伸び盛りの向上心の塊の女子にはひとっとびだ。

 

 

近頃はIちゃんと話すたびに「わたしもうかうかしてらんないな!」って思う。

断るまでもないが、最上級の褒め言葉。

彼女といると、より自分を省みるようになる。より自分を磨こうと思える(いやまあ、外見的な意味でもそこはがんばらないといけないんだが…)。

いまもっとも刺激を受けられる、最高の相棒。

 

 

店が終わっても今までどおりの距離で付き合えるか心配ではあるが、願わくば人生を通して互いに影響を与え合える存在のひとりであり続けてほしい。

いつもありがとう、これからもよろしくね。

 

 

 

…まんまラブレターみたいになっちゃったが、ソノ気はありません毎度のことですが念のため。

 

 

 

 Iちゃん関連抜粋

 

www.hampemtarutaru.com

 

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

 

 

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

腹に据えかねているようです

f:id:hampemtarutaru:20190417165532j:plain

 

まれには寝坊することもあるが基本的に、はむぺむより遅く寝て早く起きる。

生活パターンがぐっちゃぐちゃの人なので、完全に振り回されている。

当然睡眠時間は足りなくなるわけで、どこで補充するかと言うと昼寝。

 

 

店が追い込み時期の為、ランチ終了後いったん帰宅してまたディナー時間に出勤って日もあって、今日がそれ。

目覚ましをセットして昼寝を決め込んだら夕方はむぺむからライン。

 

何度かピンコン鳴っていたが眠気に勝てずほっといた。

しばらくしてまた鳴ったので見ると

 

「たるたるは寝ています。私には見える!」

 

とメッセージが。

 

ねぼけながら

 

「まさにきみのゆうとおりいまおきた」

 

と返したらすぐに電話がかかってきた。

 

 

「おはよう。寝てたんだね?間に合う?」

 

「うん、ありがとう、間に合うよー。眠くてさー」

 

「いままで寝てたんじゃないの?」

 

「うん、でも全然足りないよねー」

 

 

「足りたことなんてないじゃん!」

 

ちょっと食い気味で言われた。

 

 

あー、うん、思い返してみると彼と一緒にいる時はほんとうにうとうとぽやぽやしてばっかりいるなー。

なんかこう、ほんとに普段から「こいつどんだけ寝るの?」って思ってるんだろうなー。

 

 

春だしね。

寝ても寝ても眠いです。

 

 

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

 

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

極細マッキーを求めて

f:id:hampemtarutaru:20190416210109j:plain


夜になってはむぺむから

「明日までに極細マッキーの黒がどうしても2本必要」

と電話があった。


ゼブラ 油性ペン マッキー 極細 黒 5本 P-MO-120-MC-BK5

ゼブラ 油性ペン マッキー 極細 黒 5本 P-MO-120-MC-BK5


オッケー、極細マッキー黒ね。近くの薬局であるでしょ。
とたかをくくって気楽に請け負った。


近くなのでつっかけサンダルでノコノコ出向くと、アレッ、極細黒だけピンポイントで品切れ。


しょーがない、そういうこともあるよね。

反対方向のコンビニまで足を伸ばすことにする。



二軒目、文具コーナーへまっしぐら。


こ、ここも極細黒だけがない、だと…!


次のコンビニまではちょっと距離がある。
どうするわたし。いったん帰って靴履き替えてチャリで出直すか…?


悩んだが次のコンビニを勝手に信じてそのままGO!


無事三軒目で目的のアイツに出会うことができました。よかったー!



欲しいものに限ってピンポイントで品切れ、あるあるだよね。

【いよいよ「改元」】新元号は令和に決定【年号と元号】

f:id:hampemtarutaru:20190415090720p:plain

 

4月1日に新元号が発表され、いよいよ5月に「改元」が行われる。

 

発表のあった日は仕事だった。

店にはテレビがある。ちょうど開店の頃にいままさに官房長官が現れようとしていたところで、やってくる常連さんらの関心事ももっぱらそれ。

個室に通したお客さんもみんなスマホで中継を見ていた。

 

発表された新元号は「令和」。

へええ、なんか、意外だったな。想像してた漢字と全然違った。

お客さんたちもみんな「令」が意外だったよねーみたいな話をしてて。

ふと気になったのは、アルファベット。

明治=M、大正=T、昭和=S、平成=H、これらとかぶらないようにってのは言われてた事だけど。

 

思わず常連さんの席で

「Rかな?Lかな?」

 

と口走った。思いっきりタメ語っていうかひとりごと。

いやまあ、普通にRなんだろうけど。

 

 

 

わたし自身多少思想的には右寄り。

 

www.hampemtarutaru.com

 

正直、感覚的には生前退位にすこし抵抗はあった。

そんな堅苦しく考えてるわけじゃないけど、一世一元というか、天皇は生きてる限り天皇で、平成の世は平成天皇が亡くなるまで続くものだと思ってたけど。

 

でも実際、新しい元号が発表されるってなって、書類とかそういう問題こそ山積みではあるけど、単純に「新元号何かな?」ってこれだけたくさんの人の無邪気な注目を集められるのは、案外いいことかなって思い直した。

生前退位だからこそ、改元にお祭り騒ぎが可能になるんだもんね。

 

 

そんなことを考えながらこの記事を書いていたらふと「年号」と「元号」の違いが気になった。

そういや「新元号発表」って表現が多かったけど、年号じゃないのかな?

 

気になってちょっと調べたんだが、どうも明確な線引きはないようだ。

現状、年号と元号はほぼ同義として使われてる。

厳密には多少違いがあるようで、たとえば明治より前は天皇の在位期間=元号ではなかったときもあった。

同じ天皇の在位中に「改元」(たぶんそのころは「改号」だったと思われる)が行われることがあり、一世一元というきまりではなかったため、元禄とか享保とかいう部分を年号と呼んでいたのではないか。

現在では「元号法」という制度があるため、一般的に元号と呼ばれるようだ。

 

 

もうちょっと個人的に感覚的な話をすると、すでに過ぎた世は「年号」、現行及びこれから使われるものを「元号」と呼ぶ、って感じだとしっくり来ない?

あくまでわたしだけの主観ですが。明治も昭和も年号だけど、平成は元号って感じ。

 

 

発表のときの大騒ぎで4月から改元だと思っている人も多かったみたいだが、令和元年を迎えるのは5月1日。

去りゆく平成を惜しみつつ、新しく来る令和の世がよりよい時代でありますように。

 

 

でも、くどいようだけど公式の書類は和暦もう勘弁してよね。

効率悪すぎるから。

 

 

 

 

元号関連

www.hampemtarutaru.com

www.hampemtarutaru.com

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

日曜日の過ごし方

f:id:hampemtarutaru:20190414162251j:plain


朝寝坊して、お昼過ぎまではんぺんの仕事待ち。
所用のために駅まで車で出かけ、用事のあとはデパ地下で美味しそうなモノを手当たり次第に買い求める。



帰宅してズラリと買ってきたものを並べ、ライオンズのデーゲームを見ながら舌鼓。


f:id:hampemtarutaru:20190414162704j:plain


あぁ幸せ。これぞ正しい日曜日の過ごし方也。

Jリーグを見ているんだが

f:id:hampemtarutaru:20190413204556j:plain


写真に特に意味はない。
以前ネコカフェで撮ったハンサムさん。



普段サッカーは代表戦くらいしか観ないが、珍しくJリーグの試合をテレビで見ている。
名古屋グランパスvs横浜Fマリノス


グランパスの胸にはTOYOTA。そっか、名古屋だもね。
マリノスNISSAN。なるほどスタジアムの名前なくらいだもんね。



おお、トヨタvs日産じゃん!


と感動している。イマココ。


たまに見ると面白いよなー、サッカー。
ご贔屓のチームが出来ればもっと楽しいんだろうなー。

仕事と野球と睡眠と

f:id:hampemtarutaru:20190412172452j:plain


残り日数が少なくなってきて、店にいる時間は増えた。
閉店までの間は昼夜勤務もかなりある。もう最後だから目一杯コキ使われる覚悟だ。



スカパーでプロ野球セットに加入したので、今シーズンはライオンズを満喫している。
試合に一喜一憂する自分がすごいアホですごい好きだ。



春は眠い。
お腹一杯にして気を失うように惰眠を貪るのが至上の喜び。
問答無用で太る。



写真は東京タワー、こないだ近くまで行ったんだが、そんときは天気がいまいちだったので、何年前かに撮ったやつ。
不思議とスカイツリーができてからのほうが身近に思う。
スカイツリーはでかすぎて写真撮りにくい感じだし。そういえばまだのぼったことないや。

整形を否定はしないけど~見た目の話

f:id:hampemtarutaru:20190411163304p:plain

 

テレビで美容整形についてやっていて、珍しく熱心に見てしまった。

ちょっと前にプチ整形とかが流行って、最近はそういうのを隠さずに言うことも多いようで。

 

整形とひとくちに言っても、ガチでメス入れて骨削ったりするものもあれば、シミをレーザーで消すのもそれに含まれると解釈されることもある。

そうやって言うと、全然否定されるべきものではないことがよくわかる。

 

 

見た目は大事だ。

まったく知らない人と会う時の第一印象は、顔も含めた見た目で決まる。

いくら中身が魅力的な人だって、髪はボサボサ、脂で汚れたメガネをかけて3日も着倒したようなヨレヨレのスウェットで他人と会っていい印象を持ってもらおうってほうがムチャだ。

 

最低限清潔にしていたって、顔立ちの差ってのはたしかにある。

生まれ持った整った顔立ちの人は存在するし、男女問わずそういった人が顔立ちでトクをするシーンも少なからずある。

顔がいいからってトクをするばかりではもちろんないだろうけれど、ひとつ他人よりすぐれた武器を持っている、という表現はしても差支えないだろう。アドバンテージだ。

 

 

かくいうわたしも、イケメンがきらいなわけではない。

顔のイイ男の子を見て不愉快になるわけがない。

見てるぶんには、普通にカッコイイなあと思う。

そう、観賞用としてね。

 

 

うちは兄貴が今でいうかなりのイケメンの部類だった。親父も若い頃はいい男だったと推測できる。

彼らの存在がわたしの「男を見る目フィルター」に多大な影響を及ぼしている可能性は否めない。

顔がいい、だから何?ってなっちゃうっていうか。

 

振り返ってみると見た目が理由で付き合いたいと思った男なんてひとりもいなかった。

中学まではアイドルに憧れる気持ちでキャーなんとか君カッコイーみたいだったけど、見てるだけって大前提だったしね。

その後惚れた男はみんな、しゃべったときの心地よさとか、ものごとに対する姿勢とか考え方とか、とかく中身に触れてから。

そしておもしろいことに、そうして惚れると対象人物が世界一かっこよく見えてくるんだよな。

 

 

さて、整形。

見た目が大事なこの世の中、他人にいい印象を与えるために多かれ少なかれ顔をいじることをわたしは否定はしない。

多少極端ではあるが、わたしにとっては化粧も装飾品もマスクも整形もみんな似たようなもんだ。

自分の見た目をよくしたいがためにする努力、って意味では一緒じゃん。

全然悪いことない。物理的なリスクとかだけしっかり受け容れる覚悟があるなら、それこそジャンジャンやって構わないんじゃない。

 

でも、それをする目的をはき違えるとロクなことにならないとは思う。

ビジネスシーンで損をしない程度に、とか最初から割り切れてる人なら問題ないが、それをすることで人生が変わるかも!みたいな多大な期待を寄せるのは禁物だ。

 

整形でキレイになれた、自分の求める見た目に近づけた。

自信が持てたおかげで自分を好きになって、周りの人からも愛されるようになった。

ってのが理想の形だと思うけど、あくまで自分はどこまで行っても自分。

顔かたちちょっと変えたくらいで性格まではそう簡単に変わらない。

むしろ見た目キレイになったのに、なんで相変わらず人に愛されないの?みたいな苦悩が深まることも考えられる。

 

 

たとえば、このさきはむぺむが顔に大きな怪我を負ったとしよう。

ふためと見られないような顔になったとしても、わたしの彼への愛情はまるで変わらない。

そりゃ長く連れ添ってきてるんだから当たり前っちゃあ当たり前だが、そもそも見た目に重点を置いていないせいもある。

もともと顔に惚れたわけじゃない、という問題だけでなく、どう言ったらいいのかな、そりゃ見た目はイイに越したことはないよ。

だけど、それはあくまで加点される程度の要素でしかないんだ。

フィギュアスケートトリプルルッツジャンプとか、基礎点+出来栄え加点みたいなのがあるじゃない。その出来栄え加点程度。

そもそもジャンプ自体飛べて降りて、からはじめて発生する要素っていうか。

 

 

そうやって考えると、整形ってじゃあ誰のため?何のため?っていう疑問に行きついちゃうんだよね。

 

 

だれかに愛されるため?

その誰かが愛するのは、努力して作ったキレイな顔なの?

それともそこまでキレイになろうと努力した中身なの?

 

 

人間中身がすべてとは言わない。見た目も大事だ。

だけどだれだって歳を取るのはもちろん、対象人物との関係性が深まるほどに、見た目って正直優先順位が下がって行く。

どうでもいいとまでは言わないけど、中身を知るほど人間っておもしろいもんで、独特のフィルターがかかって見えてくるからさ。

 

 

まあ、だからって見た目を磨くのをサボっていいわけじゃないんだろうけどさ!

はむぺむから見てこの先も世界一の美女でいるために、もうちょっと肌の手入れとかしたほうがいいんだろうな。

ズボラの言い訳にしちゃちょっと弱いよね、ワカッテル!

 

 

www.hampemtarutaru.com

 

www.hampemtarutaru.com

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【小ネタ】紳士のたしなみ、淑女のたしなみ

f:id:hampemtarutaru:20190410175053p:plain

 

丈の短い服が嫌いだ。すぐ背中が出る。

見た目かわいいのかもしれないが、わたしにとっては着心地>見た目なので、ひとりで動くときは背中の出そうな着丈の服なんざ絶対に着ない。

 

でもはむぺむはわりときっちりめの服を好むので、彼と出かけるときはそういうものを着ることもある。

 

そんな服を着ていたときに

 

「背中出てるよ」

 

と言われたので、しれっと

 

「そういうときは見なかったフリするのが紳士のたしなみでしょ」

 

と言うと、食い気味で

 

「淑女のたしなみはどこ行った」

 

と返された。

 

 

どっちもどっちだよねって言いたいけど、うん、たぶんわたしが悪いよね!知ってる!

 

 

…こういうやりとり、嫌いじゃないです(←ダメだコイツ)。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【別れの季節】なぜその選曲【泥酔にご用心】

f:id:hampemtarutaru:20190409184122p:plain

 

中学生のころ、臨時の先生だったと思うのだが、数か月教わった先生が異動だか任期切れだかで学校を去ることになり、クラスの有志で花を贈った。

 

わりと若く(30手前くらいだったのかなー)、派手めで気さくな性格だったこともあり、生徒にはかなり懐かれていた。わたしもその懐いていた生徒の一人だったと思う。

 

わたし主導でコスモスのみのシッブイ花束を作って、ホームルームかなんかの時間でささやかなお別れ会みたいのをやった。

先生はわれわれの想像をはるかに越えて感激して、こっちが引くほどギャン泣き。

 

あげく

 

「みんな、ほんとうにありがとう。最後にみんなに、感謝をこめて心からこの歌を贈りたいと思います。聞いてください。『つぐない』」

 

 

テレサテンの「つぐない」をほんとうに唐突に前触れもなくいきなり熱唱しだした。

このときマイクとか曲とかどうしたんだっけって思い出そうとしてみたけど全然思い出せなかった。たぶん自前のハンディカラオケとかだったんだと思う。

あまりにいろいろインパクトが強烈過ぎて。

 

なんでカラオケ!?とか前フリの挨拶が引退する歌手か!ってツッコむ間もなく先生が暴走して、その場にいたわたしも含めた中学生のだれひとり事態についていけてなかった。

 

たっぷり曲を気持ちよく歌い上げた後で、先生は真っ赤な目とすっきりした表情でなんか挨拶をしてたけど、まるっきり覚えていない。

 

 

ただただ歌の歌詞を何度も反芻しながら

 

「先生、なんでその曲にした…?」

 

って思ってた事だけやたら覚えてる。

 

 

 

春はなにかと別れの季節。

送別会やら歓迎会やらで泥酔するならいいけど、思い出にヒロイックに酔っちゃうと、まわりがリアクションに困るような事態になりかねません。

わたしも思い込み激しくて暴走しちゃうタイプだから、気を付けないとなー。

 

自戒も込めて、泥酔にご用心、です。

 

 

どう聞いても男女の別れの曲だよね…


つぐない テレサテン

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】