TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

【CS終了】プロ野球マメ知識【ライオンさん負けた】

f:id:hampemtarutaru:20181022140751p:plain

 

あああ我らが西武ライオンズ負けちゃいました。

とても悔しいし残念ですがソフトバンク強かった…

 

ジャッジも多少不満の残る内容ではありましたが、接戦でもにゃもにゃしてたならまだしもハッキリと実力に開きがあったのでそれのせいにする気にはまるでなれず。

 

ただ今シーズンから導入されたリクエストって制度にはまだまだ改善の余地あるね。

せっかくリプレイ検証あっても、審判団から経緯の説明もなく、疑惑の判定が払拭されてない。

審判にペナルティとまではいかないけどポイント制とかでランキングつけるとかして、「ポストシーズンの試合を捌ける審判はランキング上位」とかにしないと各種誤審とか頑なに自分のジャッジを曲げない審判とか出てきて、せっかくのリプレイ検証が意味なくなるよ。

 

まあなんにしてもシーズン中は打って打って打ちまくってたライオンさんの打線が全然つながらず、投手陣はボカスカ打たれ。3戦くらいから正直勝てる気がまるでしませんでした。

打たれるのは仕様だったと思うし、シーズン終了ごろにはあきらかに打線の勢いは落ちてたし。負けるべくして負けた感じです。ムキー!

 

来シーズンはもっと投手陣をしっかりきっちり立て直して、そんなばかすか打たないでも勝てる本来のちゃんとした野球をしてほしいものです。

いやもちろん、アホみたいに打ち勝つ野球も見てるぶんには面白いんだけどね。

それじゃ勝てないよな。野球はやっぱピッチャーだもん。

 

 

さてごひいきのライオンさんが優勝したにもかかわらず負けてしまったので、ぼくらの今シーズンのプロ野球は終了となりました。

 

 

www.hampemtarutaru.com

 

日本シリーズは一応見るつもりだけど、くやしいねー。くすん。

 

 

せっかくなので野球を楽しんでいた間に調べたちょっとしたプロ野球マメ知識を投下しておきます。

 

 

ノーヒットノーラン完全試合のちがい

 

わざわざお断りするまでもないでしょうが、どちらも投手が達成するものです。

 

完全試合とは…文字通りパーフェクトゲーム。安打、四死球、味方の失策もいっさいなく、打者3人×9回27人で終わった試合のこと。

 

 ノーヒットノーランとは…無安打無失点でゲームを終えること。四死球や味方のエラーで出塁された場合でもヒットを打たれず点を与えなければOK。

 

先日のセリーグCS、1stステージで巨人の菅野投手がノーノー(ノーヒットノーランをこうやって略すことも多い)達成したのが記憶に新しい。

たったひとつのフォアボールがなければ完全試合だったのに返す返すも惜しかったよね。

 

www.hampemtarutaru.com

日本プロ野球においてシーズン中のノーノーの達成者は2018年シーズン終了現在79名90回にのぼる。

上述の菅野によるノーノーはポストシーズンでは初。

 

いっぽう完全試合は記録があるのはたった15回

もっとも新しいのが1994年の巨人・槙原によるもの。

いかに完全試合が困難かがよくわかる。

 

 

 

・キャッチャーの爪にマニュキュアが塗ってある理由

 

テレビを見ているときにはむぺむが気づいて、気になって調べた。

おおむね「サインを見やすくするため」の気配りだそうな。

オシャレではないと知ってちょっとほっとしたのは言うまでもない。

 

 

・本拠地球場で一番古いのは 

 

甲子園 (阪神)      1924年
神宮(ヤクルト)      1926年
宮城(楽天)              1950年
横浜スタジアム(横浜)   1978年
西武ドーム(西武)           1979年(屋根がついたのは99年)
東京ドーム(巨人)           1988年
千葉マリン(ロッテ)       1990年
福岡ドームソフトバンク) 1993年
京セラドーム(オリックス) 1997年
ナゴヤドーム(中日)    1997年
札幌ドーム(日本ハム)   2001年
マツダスタジアム(広島)  2009年

 

最古は甲子園、最新は広島マツダスタジアム

つか甲子園と神宮、戦前ですぜ…。

もちろんその後何度も改修はされてるけど、日本人の野球好きを思い知る感じだわ。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

人による~結局個人差なんだよね

f:id:hampemtarutaru:20181020184705p:plain

 

 

先日母の病院付添いのため実家に滞在したさい、ひさしぶりにさくに会った。

 

www.hampemtarutaru.com

 

地元方面に住んでいるので実家とそれほど遠くはないのだが、 さくは2児の母なので夜出るのは大変だろうなと思いつつ、ほかに取り立てて会いたい人もいないのでダメもとで、と連絡をしたところ、2時間くらいなら出られるよと返答。

少々慌ただしくはあったが楽しい時間を過ごせた。

 

いろんなことで脳内ぐるぐるしている仲間なのだが、今回はかなり散らかった話が多かった。

人間の性質やら合う合わないの話から高校時代の思い出話まで、まったくもってとりとめなかった。

それが面白いと思える相手がいるのはありがたいことだ。

 

 

信じる人と信じない人。

そもそも信じやすい人とそうでない人がいる、のはそうかもしれないけど、じゃあ自分が説得される人に絶対ならないかと言われると正直「相手による」。

 

合う人と合わない人。

どうしても生理的に合わない人、ってのはたしかにいるよね。そういう人をタイプ分けすれば相性がわかるんじゃないか。

でもタイプ外に分類された人でも不思議と合う人は合うよね。「個体差ある」。

 

発する人と受ける人。

発信をおもにする人と、受け取る側の人といるじゃない。

系統としてはどっちが得意ってのはあるかもしれないけど、たとえば本来受け取る側の人が何かに心酔してそれを広めることに意義を感じると不器用ながらその人は発する側になる。

そんでその話を興味深く聞けるかどうかは当然ながら「人による」。

 

 

みたいな話を延々と。

この日は全部「結局個人差なんだよね」に行きついてました。

 

おたがいの調子や状態で話題のセレクトや会話のテンションは多少変わるけど、基本的に話題に困ることはないし、きちんとキャッチボールも成立しているのがわかるため面白い。

いつまでだって喋っていられる気がする。

近所だったらそれこそ暇さえあればお互いの家に入り浸ってるんだろうなあ。

むしろ距離があってよかったのかもしれん。

 

友達と呼べる存在はわたしにとってすごく数少ないし、そもそも「友達」って単語自体に若干の抵抗がある。

いやこっちがそう思われる分にはむしろ嬉しんだけどさ、先方を勝手に友達呼ばわりして、向こうさんが「エー別にそんな仲良くないしー」みたいに気持ちに齟齬があったらどうしよう、っていつもいつもビビってるチキンだからさ。

 

そういう意味でも、さくはとても貴重な存在。

またときどきは会ってとりとめのない話をしたいな。それこそずっとこの先何十年も。

 

長い付き合いができる友人の存在はありがたいけど、言うまでもなくそれは誰でもいいわけじゃなく。

 

結局、人によるんだよなー。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 
 
何を嬉しく思うかは人によるよね

 

www.hampemtarutaru.com

 

 でも選択したくないときもあるよね

 

www.hampemtarutaru.com

 むずかしいなー

 

独立するほうされるほう

f:id:hampemtarutaru:20181020094030p:plain

 

お酒を飲むとラーメンが食べたくなるというのは仕様なのかね。刷り込みイメージなのかね。

はむぺむを乗せて少し遠征して久しぶりのもちもちの木へ。

一時かなり流行ったのでご存知の方も多いかね。カップめんにもなってたよね。

 

f:id:hampemtarutaru:20181020090439j:plain

 

安定のおいしさでした。

 

f:id:hampemtarutaru:20181020090507j:plain

 

その翌日だかにドライブ中、くりの木というラーメン屋を発見、なかなかの人気店の様子。突撃。

 

f:id:hampemtarutaru:20181020090532j:plain

 

想像以上においしかった!んだけど、これ昨日食った「もちもちの木」に似てるな…?

 

f:id:hampemtarutaru:20181020090547j:plain

 

店主がもちもちの木出身だそうな。

いわゆる支店ではなく、フランチャイズでもなく、のれん分けって感じでもないのか。屋号は違うけど名前に名残があるからのれん分けの一種と思っていいのか?出身も謳ってるわけだし。

そこらへんの言葉の定義がわたしの中では定かでないのだけど、なんだか不思議な気持ちになりつつおいしくいただいていた。

 

 

ある日はむぺむの飲み会お迎えに行くと、個人営業の天ぷら屋さんで飲んだくれていた。

とっくに看板の時間だったのだけど酔っ払いのはむぺむの無理をきいてくれて、ラストオーダーをはるかに過ぎた時間の到着になってしまったわたしにも料理をがっつり出してくれた。

 

カウンターのみのこじんまりとしたお店で、目の前で揚げたての天ぷらを出してくれる。

メチャクチャ旨い。なんて贅沢。そしてお高い。

 

いか大葉だったかな。

 

f:id:hampemtarutaru:20181020090602j:plain

 

トウモロコシは感動するレベルで美味でした。

 

f:id:hampemtarutaru:20181020090614j:plain

 

 

…あれ、この揚げたてを贅沢に食う感じ前にどっかでやったことあるな?

 

 

 そうそう、天一

www.hampemtarutaru.com

 

聞けば店主、もともと天一にいたそうな。最近独立してそのお店を持ったのだとか。

天一で見たのと同じような調理器具が並んでいるのを見てとても腑に落ちた。

 

 

 

長年修行していつかは自分の店を持つ、ってのが飲食をやる人の夢みたいなもんだと思うんだが。

実際、独立されるほうとしては基本的には損失しかない、と思うわたしは浅はかなのかなあ?

 

レシピもノウハウも時間をかけて作り上げてきたいろんなものを、さらに従業員を時間もカネもかけて一人前に育て上げる。

そうしてようやく店のひとつも任せられるくらいに育ったら「独立します」。

 

独立するほうはもちろんいろんなリスクも負って大勝負に出るわけだから、けしてズルいと思うわけではないけど。

ただされるほうとしては当然、一人前になったら出て行かないで支店でも出してそこを見てもらったほうがはるかに喜ばしいわけじゃない。

 

 

終身雇用みたいな意識、生涯かけて会社やお店に尽くします、みたいな意識が薄れまくってきたご時世下では、そうやって独立していく人を押しとどめる手段はすごい雑に行って2つしかない。

 

会社や社長に心酔させるか

独立を目論めるほど給料や休日を与えないか

 

どっちにしてもいわゆるブラックになることは否めないね。

 

 

もっとも、必ずしも独立が成功を約束してくれるわけじゃない。

自分の城を持って数年で夢破れて店を畳む人も少なくないし、これなら雇われや会社勤めの方がマシだったなって思ってる人も一定数以上いるだろう。

 

 

独立するほうされるほう、いろんな思惑が絡み合いながらきょうも新しいお店が出来、また潰れていく。

無責任な消費者としては、そういった背景を勝手に想像しながら街並みがコロコロ変わるのを見るのも興味深いものです。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

母が大腸内視鏡検査を受けた~モビプレップという洗浄剤の話

f:id:hampemtarutaru:20181019103355p:plain

 

本日の記事はタイトル通り大腸内視鏡検査についてのお話です。

 

当記事は医療や薬剤に関する知識を持つ者が書いているものではなく、かつ、医療行為や薬剤についての批評をするものではありません。あくまで受診した個人の感想及びそれを見ていたものによる感想です。ご承知おきくださいまし。

言うまでもありませんがキレイな話でもございません。お食事中の方はすみやかにお引き取りいただきますように。

 

 

1週間前くらいに母の家に行って、やれアンテナの取り外しだの台所の模様替えだのトイレ掃除に衣類入れ替えとだいぶコキ使われてきた。

それが今週になってまた電話がかかってきて「ちょっと相談があるんだけど」。

 

2週間ほど前からときどき差し込むように腹が痛むとのこと。

気になって医者にかかったら、内視鏡検査をしてみましょうと勧められたそうな。

 

もうかなりの高齢だし、そういう検査は積極的にしておいた方がいい。

やったほうがいいんじゃない、と言うと

「うん、それであさって入院してしあさって検査になるから」

 

ちょ、早いわ!

もうちょっと時間に余裕を…っていうかもっと早く知らせてくれよ!

 

「たいした検査じゃないから来なくても大丈夫だよ、ただ同意書みたいなの書いてほしいんだけど」

 

お気楽なもんだ。自分の年わかってんのかもう。

どうにか都合をつけて入院当日にハンコを携えて病院へ。

 

 

病院へ着くと家族の同意書に署名して印鑑をつく。

受ける検査はいわゆる大腸内視鏡検査というもので、下からカメラを入れて大腸内に異常がないか調べるというもの。

 

わたしはもちろん母も70余年生きてきてはじめての検査と言うことで勝手がわからない。

当日の朝は絶食だそうだが、前日昼と夜はおかゆやスープ程度なら体に入れてもいいそうな。

 

そのかわり、腸内をキレイにするために洗浄液を大量に飲まされる。

それが今回の病院で導入していた「モビプレップ」というお薬だった。

 

 

詳しくは飲み方が動画で紹介されている。

 

www.eapharma.co.jp

 

わたしは母が検査を受けている間に院内で流れていたこの動画を3回くらい見た。

もうこれで自分がいつ受けることになっても大丈夫だ。

 

薬剤を水で溶かして、コップ1杯を15分くらいかけて飲む。

同時にモビプレップの半量の水かお茶を飲む。

それを繰り返して排便を促し、腸の中をきれいにするというもの。

 

単純に飲まねばならない水分量が相当多いため、普段から水分をあまり摂らない高齢者には少し大変なようだ。

動画では自宅で服用して検査という流れだが(ただしひとりでの服用は避けるように言っている)、なるほど高齢者なら入院したほうが安全だろうね。

というか、そのための入院なんだね。

実際母も何度かもどしてしまったようで、薬がつらかったと言っていた。

 

 

どうにか翌日の検査までには腸の中はキレイになったようで、いざスタート。

長くとも30分くらいで終わると聞いていたし実際30分もかからずに終わった。

ただ、痛みはまったくないともっぱら評判だったが母はずいぶん痛かったらしく終始大騒ぎだった。

医者はわたしに会うなりそれについての理由をとうとうと説明する羽目になった。

 

 

そんなに気にしなくても、基本的に母は痛がりなの承知してますから大丈夫ですよ。

つかわたしも痛がりだし。

軽めの麻酔を点滴で入れてくれるんだけど、これが全然効かないんだよね。

あのよく「少し頭がぼ-っとしますよ」って言われる薬。全然ぼーっとしない。むしろ意識がハッキリしちゃって敏感になってめちゃくちゃ痛い。わたしも経験あるからわかる。

母も全然麻酔が効かないようで。体質なのかね。

 

結果的には、腸内は「大変きれい」でした。

高齢者のそれとは思えないほどなーんにも問題なく美しいピンク色の腸でした。

 

問題なかったことはよかったけど、じゃあ時々起きる腹痛はなんなのかね?

と訊ねたら

「なので、次は胃カメラをやりましょう」。

 

「ヤダヤダ!絶対ヤダ!」と母はメチャクチャ嫌がっておりましたがまあ近いうち受けることになるでしょう。さすがにこちらは入院の必要はない…かな?

 

動画の最後に「大腸内視鏡検査は、痛いものでも恥ずかしいものでもありません」と言っていて。

確かに恥ずかしいものではない。というかそんな概念は取っ払ってきちんと検査を受けておくのは健康に生きていくためにとっても重要なことだ。

病気は早く発見するほど完治可能性が上がるだろうからね。

 

ただし、痛い人はいるみたいです。個体差ありますので全然痛くないよって巷の感想は間に受けないほうが賢明です。

 

 

皆様各種検査はためらわずジャンジャン受けましょうね。

健康は何よりの宝ですからね!

 

 

え、わたし?

…いやべつに全然お腹痛くないし、しばらくは受けなくてもいいかな!

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

MELLOW BROWN COFFEEを調べて上島珈琲がUCCだっていまさら気づいた

f:id:hampemtarutaru:20181015220917p:plain

 

先日、人へのお祝いを買うためにお店の仲間とお買い物という名のランチに出かけてきました。

Iちゃんと、新しく仲間になってくれたSちゃんと3人で。

 

肝心のお祝いは5分くらいで決定。無事に目的を果たした後はおしゃべりのためのお店選び。

まだランチには少し早かったので、コクーン内のオシャレなカフェに突撃。

 

 

MELLOW BROWN COFFEE、メロウブラウンコーヒーって読むのかな。

自由が丘に本店があると記載があった。なんかもう、椅子もテーブルも、メニューもカップ類もほんとにシャレてる。

 

店頭にはこんなものも。もうこれだけでなんかコーヒーうまそうじゃん。

 

f:id:hampemtarutaru:20181015213554j:plain

 

もちろんお値段はそれなりに張る。800円くらい~高いのは1000円くらいしたかな。そのかわり何杯か飲める。

豆によるけど、好きな豆と淹れ方を選んで、カップの色まで選べる。

 

ドリップ、フィルター、プレス、サイフォンだったかな。

この時はサイフォン。淹れ方が選べるのはなんだか嬉しいね。

 

f:id:hampemtarutaru:20181015213604j:plain

 

Iちゃんはカフェラテだったっけ。

ラテアートがハロウィン仕様!めっちゃかわいかった。

 

f:id:hampemtarutaru:20181015213616j:plain

 

オシャレなお店でオシャレなものを飲んで、性懲りもなく女子っぽい気持ちになって幸せになってました。

ほんとはパンケーキ推しの店みたいなので食べたかったけど、このあとランチ食べるからってコーヒーのみ。

 

ちなみにランチはコクーン内のおぼんdeごはんでいただきました。

いつも行列してて、女性客に大人気だったのでいっぺん行っておこうということになり。

でもなんか、「ちょっといい大戸屋」だなって感想だった。

 

f:id:hampemtarutaru:20181015213631j:plain

 

で、この記事を書くためにMELLOW BROWN COFFEEを調べたのだが。

 

公式ページに飛ぶとサイト上部が「上島珈琲店・珈琲館公式」になってて、うわ上島珈琲なんだ!?とビックリ。

さらにそこから会社概要に飛ぶとUCCの会社紹介が出てきて二度ビックリ。

 

ああ、そういえば上島珈琲ってUCCなんだっけか。

むかーし上島珈琲店が出来た時にも調べてビックリした記憶がうっすらあったけど、また改めてMELLOW BROWN COFFEE=上島珈琲=UCCと知って、なんだか世界は狭いな…とよくわからないことを思っておりました。

 

 

ちょっといい感じのレストランとか見つけて調べたらなんとかチェーンだったりってよくあるよね。

もちろん、チェーンだからいいとか悪いとかって話じゃないけど、いいもの見つけた!って思った時にそれが大手発だったりすると、なんだろね、誰かの手の上で踊らされてるような気分になるんだよ。わたしだけか?

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

カレーの喜び~ナンはパリパリで!持ち帰りで無理にお願いした

f:id:hampemtarutaru:20181015184540p:plain

 

カレーが大好きです。

自分ちでも作りますしレトルトも好きですが、外で食べるカレーは抜群です。

 

 

ココイチも好きです。結構な頻度で行きます。

たいていいつもチーズとスクランブルエッグを乗せます。

こんときはクリームコロッケも乗せました。欲張ってます。

 

 

f:id:hampemtarutaru:20181015180832j:plain

 

 

こんなのも食べたな。日乃屋のカレー。

生卵が乗ってるのがウリのやつ。フツーにうまかった。

 

 

f:id:hampemtarutaru:20181015181218j:plain

 

 

でも、外で食べたいカレーはどっちかっていうとライスカレーじゃないんだよね。

ナン!やっぱナンでしょ!

 

 

f:id:hampemtarutaru:20181015180850j:plain

 

ナンカレーを生まれて初めて食べたのは20歳近くなってからだった。

はむぺむが連れて行ってくれた吉祥寺のカレー屋をいまでも覚えている。

 

いまでこそ「インド料理」を掲げたネパール人たちの経営するカレー屋が乱立しているが、20年前は珍しかったと思う。

ちょっと高そうな店構えだった。いまでもあるのかは不明。

カタコトの日本語を使う蝶ネクタイのインド系のウェイターが運んでくるナンカレーは、田舎者の小娘をビックリさせるには十分だった。

 

 

ナンの喜びは手で食えること。

と、わたしは思っている。

 

あのパリパリしたパンとも何ともつかないような食感の食い物は、ピザと並んで、いやそれ以上にカルチャーショックを与えてくれた。

以来ナンカレーは大好き。

どこで食っても正直たいして味が変わらない、ところがまたいい。

この場合は全力で誉め言葉になるよね。

 

だが、このナン、お持ち帰りで頼むとモッサリした厚手のピザ生地みたいなやつを持たされる。

どこの店でもそうなのかは定かでないが、少なくともわたしが行ったお店ではそうだった。

店員さんに訊くと、パリパリしたナンはすぐ汗をかいてシナシナになってしまうから、お店で食べる時以外は時間保ちするように厚手に焼くのだと。

 

以前それで持ち帰ったのだが、個人的にはあまり好きじゃなかった。

それはそれでおいしいんだけど、ナンが食べたい!気持ちのときにそれを与えられても全然別物でナン欲求をまるで満たしてくれなかった。

 

 

先日カレーが食べたいという話になり、持ち帰りカレーを買いに行った。

その際店員さんに「ナン、パリパリのやつがいいんだけど…ダメ?」とお願いすると、しぶしぶながら

 

「長い時間経つとダメよ?持ち帰りできるように三つ折りくらいにするよ?あんまりパリパリじゃなくなっちゃうかもよ?」

 

と念を押されたが、近いし大丈夫、頼む!と無理を言ってパリパリに仕上げてもらった。

 

それを厨房に注文するとき、母国語でなにか言っていたが最後に「~パリパリ」と言って、厨房の人も「パリパリ」と言いながら何度もうなずいていた。

パリパリってインド人(ネパール人?)も言うんだ?日本で店やって行くうちに覚えたんだろうな。なんかちょっと面白かった。

 

少しでも時間保ちするようにちょっと黒めに焼くよ?とさらに念を押される。

くちうるっせえなあ。

でも、彼らなりに一番おいしい状態のものを提供している自負があるってことなんだろうな。

彼らが持ってるこだわりというか、そういうものが垣間見えて興味深かった。

 

 

持ち帰って実食。

急いで帰ってきたのでまだ全然パリパリでした。

 

いやーおうちで食べるパリパリナンは絶品ですな!

たいへん満足いたしました。

 

 

でもそのナン、なにかカレー以外のものをつけてみようと一瞬思ったんだけど。

カレー以上においしそうなものが見当たらない。

ジャムとかマーガリンとかは違う気がするし、かといってチーズやらケチャップも、やれば合うのかもしれないけどカレーを上回れる気はしない。

 

そうなると、ナンがうまいのかカレーがうまいのかわからなくなる。

カレーあってこそのナン。ナンだからこそうまいカレー。

 

 

…いや、ナンでもいいんですけどね、おいしいは正義!

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【クライマックスシリーズ】日本ハムの杉谷選手とウグイス嬢【みんな見ようぜ】

f:id:hampemtarutaru:20181015144622p:plain

 

プロ野球ポストシーズンも大詰め。

クライマックスシリーズ1stステージが絶賛開催中。

 

パ・リーグは現在1勝1敗で本日勝ち上がりチームが決定する。

 

セ・リーグはゆうべ、巨人菅野投手の見事なノーヒットノーランピッチングで3位からの勝ちあがりを決めた。

返す返すも悔やまれる四球…!たったひとつのあれがなければ、94年の槙原以来の完全試合だったのに…!いやー惜しかった。

全然ジャイアンツ好きでもないんだが、記録に立ち会えそうな瞬間だったのでわくわくしながら見ちゃったよ。

 

やっぱなんだかんだ言って、野球は面白いよな。

ナイター見ながら夕飯食べるのって日本の昭和の原風景っていうかさ、食卓にナイター中継があるだけで幸せな気持ちになる。

 

ご贔屓のチームならなおいいけど、別に好きなチームじゃなくたってじゅうぶん楽しい。

くだらないバラエティやドラマなんかより100万倍面白い。

スポーツは文字通り命がけの全力プレーがそのまんまリアルのドラマチックさになるんだ、面白くないはずがない。

もちろん好みはあるんだろうけどさ。

 

なんか世の中盛り上がってない気がするんだよね。

いったいいつからこんなに日本は野球離れが進んでしまったのだ。

クライマックスシリーズの導入が客離れのひとつの要因である気もするが、ここでそれを追求しても詮無いことだ。

もうCSでさえ地上波テレビ放送がなされなくなったのは本当に驚きだ。

世の中は多様化して、遅かれ早かれ野球と相撲ばかり見ていた日本人の姿はなくなっていったのだろうけど、それにしてもその衰退ぶりと速度が気にならなくもない。

そのうち「日本シリーズ?ナニソレ?」って言われる時代がそう遠くない未来に来ちゃうんじゃなかろうか。

 

まあそれでも、まだまだ野球好きたちはたくさん生息している。

球場を埋め尽くすファンを見ているとなにやら安心する。

 

このあとクライマックスシリーズ2ndステージでは、われらが西武ライオンズが登場する。相手はソフトバンクになるのか日本ハムになるのか、ドキドキしながら今日の試合を見守ることにしよう。

 

 

ところでその日ハムに杉谷拳士という選手がいる。

失礼ながらとりたてて良い選手というわけでもない。特別な記録を持つでもなく、スタメン定着しているほどでもない。

 

が、西武ファンのあいだで杉谷選手はとても有名人。

 

なぜか西武ドームのウグイス嬢が、彼のバッティング練習の時にアナウンスでイジるのだ。

 

もともとは打撃練習最後の時に自分からウグイス嬢のもとに出向いて「杉谷選手、打撃練習終了です」と言ってくれませんか、とお願いしに行ったことから始まったそうな。

 

杉谷選手が西武線沿線出身だったこともあり、せっかくアナウンスするならとウグイス嬢の鈴木あずささんが気を利かせてちょっとした情報を乗せて、本人いわく「深夜番組のノリで」イタズラ心も出してアナウンス内容をいじっていったところ、いつのまにかそれが定番になってしまった。

 

 

「ご来場の皆様、お集まりの「杉谷拳士選手・ロス」の皆様、お待たせいたしました。ただいまファイターズの杉谷選手が打撃練習を行っております」

 

「打って走れる杉谷選手のバッティング時間はあと10分です

 

「練習中、本気の杉谷選手の打球がスタンドに飛び込むことがございます。大変危険ですので「プロ野球選手・杉谷選手」の打球にはじゅうぶんご注意ください」

 

「ファイターズの杉谷選手がさりげなく打撃練習を行っております」

 

「ただいまバッティング練習を行っておりますのは、空前絶後の超絶怒濤のムードメーカー。野球を愛し、ファンに愛され、スタンド、グランド、審判団。その全ての笑顔の生みの親。あまりのポテンシャルの高さから、スポーツ、球界、ファッション界、あらゆるメディアに狙われて。出身は大泉学園。所属、北海道日本ハムファイターズ、背番号2。あれから1年。メットライフドーム終戦で初登場。みなさま、今日が最後のチャンスです。北海道日本ハムファイターズ杉谷拳士選手です」

 

「以上、杉谷選手のバッティング練習でした。来シーズンは開幕から1軍で。みなさま、ありがとうございました」。

 

 

検索するとかなりたくさん出てきます。どれもたまらなく面白いです。

 


西武ウグイス嬢鈴木あずささんによる杉谷イジリ「皆様、まもなく杉谷選手が大きな打球を飛ばします」 2018.918

 

こういう形でもお客さんは呼べるよね。どこからなりと攻めていく姿勢はすばらしい。

 

ハムが勝ちあがってきたら、ウグイス嬢の口撃が西武ドームで聞けるかも!

そんな理由でちょっぴり日ハム推しです。

 

ポストシーズンプロ野球、もっともっと盛り上がってほしいものです。

みんな見ようぜ!テレビがダメなら現地へGO!

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【小ネタ】ポッポー領土

f:id:hampemtarutaru:20181013151011p:plain 

平和の象徴だしね、鳩。

領土問題も平和的解決といきたいところですがなかなか難しいですな。

 

ちなみに鳩が平和の象徴と言われるのは古くたしか聖書だかギリシャ神話だかに出てきてたからだったはず。

 

鳥は比較的群れを形成する種類が多いけど、ハトも御多分に漏れず群れで生きるし群れで飛ぶ。

かといってムクドリみたいに巨大だったり壮絶な羽数の群れで飛ぶわけでもないから、視覚的にも平和だ。

 

人にもなつくし、カラスみたいに攻撃的な性質でもないし、たしかに平和な感じはするよね。

 

車が近づいても逃げなかったりする様子はまさしく平和ボケだしな。

 

危険を察知する能力とそれを回避する逃げ足やら武力くらいは、なんぼ平和な世界に生きていても携えていたいものです。

 

抜かずの剣は平和の誇り、だけど、たまには手入れしてやらないと、錆びてた事にも気づけないかもしれんしな。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【小ネタ】金魚だな

f:id:hampemtarutaru:20181013150108p:plain

 

酒飲みは棚とか冷蔵庫とかにある酒を目ざとく見つけて飲んじゃいます。

親の仇のように飲みます。家に一滴の酒すら残さないみたいな心構えで飲みます。

好きなのか嫌いなのか。

 

買い置きなんてできません。

あればあるだけ飲んじゃうので飲む分だけ買ってきて足りなきゃまた買いに行きます。

およそ経済的とは言いがたいですな。

 

 

まあ、でっかいペットを飼ってると思えば。

 

www.hampemtarutaru.com

食べ物も基本出したものはきれいに食べ尽くすので、調整が必要です。

ペットっていうか、金魚だね。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】