TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

クッキーの空き缶はなぜカンカンと呼ぶ?

f:id:hampemtarutaru:20190227192429p:plain

 

先日はむぺむがぽつりと言った。

「クッキーの空き缶ってなんでカンカンって呼ぶんだろうね?」

 

 

そういえばそうだな。

普通のジュースの空き缶のことはカンカンって言わない。

飲料じゃなくて食品が入ったもの?と思いきや、シーチキンとかさばの味噌煮の空き缶のこともカンカンとは呼ばない。

じゃあ乾きものが入ったもの?いやいや海苔の缶とかはカンカンって言わないよな。

 

 

気になって調べた。

 

カンカンで調べると普通に名称としての「缶」はひっかかるが、詳しくは載っていない。

もうちょっと調べるとこんなページに行きついた。

 

www.weblio.jp

このページによると「かんかん」は大阪弁

もともと方言だったと言われるとなんかすごく納得。地域独特の妙な名称や言い回しは全国にたくさんあるもんね。

 

「中身が空になったときに音が鳴る」「片手でつかめるくらいの大きさ」と定義があり、缶ジュースや缶詰缶などの空き缶もそれに含まれるそうな。

通常中身が入っていると音が鳴らないから缶ジュースや缶詰と言った名称で呼ぶそうだが、クッキー缶などは中身入りでも音が鳴るので、それが広まって定着したのではないかと推測される。

 

 

そういえば最近缶入りクッキーって食べてないなー。

たまに食べたいなと思うけど、あれ開けちゃうと際限なく食っちゃうから危険な食べ物だよね。

 

…エッ、わたしだけ?

 

コペンハーゲン バタークッキー 454g

コペンハーゲン バタークッキー 454g

 

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】