TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

【小ネタ】レア度を表現すると

f:id:hampemtarutaru:20181115145529p:plain

 

以下わからない人のためにプチ講座。

わかる人はアホらしいから読まないよーに。

 

 

パチンコ屋さんにあるスロットマシンは、メダルで打ちます。

お店によって違いますが1枚20円くらい。3枚でワンプレー。

1000円なんて3分持たずになくなります。恐ろしい世界です。湯水のように金が吸い込まれていきます。

愛好家の方はどうか気を確かに持ってください。って何の話だ。

 

このスロットマシンには設定があります。

1~6まであって、数が大きいほど良い設定、つまり当たりやすい機体ということになります。

言うまでもありませんが通常、店頭でお客さんが設定を知るすべはありません。

そりゃそうだ、わかったらみんな億万長者になれちゃうけえの。

店も商売にならんけえの。

まれにイベントなどで設定5以上確定台!とかいうふうに出ることがあるので、愛好家たちの間では設定ってのは当然出てくる話題です。

 

というわけで、そんな設定2という渋めの台でメダルを万枚出すほど珍しい、というたとえとして使われています。

 

 

なんか解説しててアホみたいだわー。

 

 

 

www.hampemtarutaru.com

 

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】