TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

グルメタウン・六町

f:id:hampemtarutaru:20181219234822p:plain

 

東京ははずれのほうに六町という駅がある。

はむぺむは職業柄現場によって行先が異なるのだが、この六町という街へはしばらく仕事で通っていた。

その間に、おいしい店を何軒も見つけたのだと熱く語った。

 

ちなみに、この記事で書いた個人営業の天ぷら屋さんも六町。

 

www.hampemtarutaru.com

 

というわけで休日にドライブがてら六町へ。

丁度ランチタイムスタートくらいの時間に到着、まず連れて行ってくれたのはいい雰囲気のお蕎麦屋さん「松鈴」。

 

f:id:hampemtarutaru:20181219170728j:plain

 

変わり蕎麦がイチオシなんだと有無を言わさず注文。

うまそうだ。が、これなんと3段重ね。

いちばん上が変わり蕎麦、この日は柚子だった。はむぺむはしそだったかな?がメチャうまでそれを期待していたらしく、ちょっと残念がっていた。

 

f:id:hampemtarutaru:20181219171024j:plain

 

あとはたしか更科と十割。どっちがどっちか覚えてないがうまかった。

 

f:id:hampemtarutaru:20181219171228j:plain

 

f:id:hampemtarutaru:20181219171254j:plain

 

ちゅるりと食えるちょうどいい量で、しゃっきりとしたザ・江戸って感じの粋なそば。

うまいそば食った!って感じ。

お値段もそれなり。上記の変わり蕎麦は1人前1100円也。

一品料理も充実していそうだし、多少高級感もあるので夜に訪れてみたいね。

大変おいしゅうございました。

 

 

が、はむぺむのお目当てはこの次。

すぐ近くに一見昭和な雰囲気の中華料理屋があり、そこのラーメンがメチャクチャ旨いのだと熱弁する。

 

でも今そば食ったばっかだよー?

いや、絶対食えるから!おいしいから食えるから!

 

結局そば屋を出たその足で、今開店したばかりの中華料理店「開々亭」ののれんをくぐる。

 

f:id:hampemtarutaru:20181219171807j:plain

 

ご夫婦で営業なさっているのだが、はむぺむ曰く「いっつも夫婦喧嘩してる」んだそうな。

この日は休日だったからなのか、時間が早かったからなのか、特に仲が悪い風には見受けられなかった。

 

良くも悪くもザ・昭和な店内。

まんまガラスの仮面でマヤ母娘が住み込みで働いてそうな感じ。

 

f:id:hampemtarutaru:20181219172027j:plain

 

メニューを眺めるとやたら豊富でどれもおいしそうだが、注目すべきはその値段。

ラーメン500円。いまどき500円!

ほかのものは普通並みの値段というイメージだが、とにかくこのラーメンがおススメだと言うので2杯頼んで出来上がりを待つ。

とはいっても蕎麦腹いっぱい食ったからなあ…

 

いまだにふたりでひとつの技が身に付きません

 

www.hampemtarutaru.com

 

カウンターから作業中の様子を眺めていると、巨大な中華鍋みたいなもので麺を泳がせて茹でている。

いまどきは水切りの「てぼ」に入れて茹でるところがほとんどなのに、何やら珍しい光景だ。

 

ちなみに「てぼ」ってのはこれのことね。

わたしも今調べて初めて名前知った。

 

 

ラーメンがやってきました。

一見すると昔懐かしい感じの、しごく普通のラーメン。

だがこれが…!

 

f:id:hampemtarutaru:20181219173144j:plain

 

うまいのなんの!なんなのコレマジでうまい!

つかこの麺ナニ!?この歯ごたえナニ?味わったことのない食感だよ!

 

信じられないくらい優しい味のラーメン。お、おいしい…!

これ、人生で食った旨いものベスト10とかに入って来ちゃいます。

 

わざわざはむぺむが「連れて行ってあげたい」なんていうのも納得のうまさです。

もう感激しまくり!

とっくに満腹だったけど、はむぺむに手伝ってもらいつつ無事完食。

幸せだった。近所だったら足しげく来たい!

っていうかむしろ近所に越してきてほしい…。

こんなうまいラーメン屋近所にあったら幸せだなー!

 

天ぷら屋といい、蕎麦屋といい、夜に行っても楽しめそうなお店も多い。

そういえば以前買ってきてくれたバームクーヘンのお店も六町だったわ。

 

 

www.hampemtarutaru.com

 

駅としてはバリバリの住宅街な感じなのに、突然飲食店が現れる街、六町。

そしてそれらがどれもこれも妙にハイクオリティ、美食の街、六町。

もはやわれわれは六町を「グルメタウン」と呼んでいます。

 

まだまだおいしいお店があるそうなので、またいつか遠征するかもしれません。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】