TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

温泉旅行を企画中~箱根へGO!

f:id:hampemtarutaru:20180526085958p:plain

 

来月、はむぺむの社員旅行がある。

いまの会社に移ってからは毎年あるのだが、去年は仕事が忙しすぎて行けなかった。今年はなんとか行けるようにがんばっているが相変わらず忙しいことに変わりはない。

 

過去には沖縄だ韓国だマカオだと行ってきたが、今年は金沢だそうな。

いいなー金沢。

遠方の時は思いつきもしなかったが、金沢だったらこっそりついていって一人旅もいいかも…!なんて思って訊ねたら見事に拒否されました。

ま、そりゃそうだよな。

 

 

普段無沙汰もしているし、ちょうどいい機会なので母のところへ行こうと思い電話をかけたら思わぬリクエスト。

「温泉行きたい」

 

 

母は膝が悪く長時間歩いたりが厳しかったのだが、去年末痛い手術を乗り越えてリハビリに勤しんだかいもあってか、近頃はだいぶよくなってきた様子。

 

 

www.hampemtarutaru.com

 

 

たまには足を伸ばして広いお風呂にゆったり浸かりたいそうな。

よしゃそれなら連れてったろうかい!と話は決まった。

 

 

まずは行先選定から。

いくら足が良くなったとはいえ、彼女は高齢女性なら多かれ少なかれ悩むであろう頻尿というトラブルも抱えている。長時間の移動は難しい。

居住地域から考えても箱根、湯河原、熱海あたりが無難かなあ。

 

 

湯河原は父80歳のお祝いで兄貴夫婦が連れて行ってくれたしな。

そういや最後の家族旅行だったんだな。

ameblo.jp

ちなみにそのとき立ち寄った西村京太郎記念館で購入した本はこちら。

いい意味で著者っぽくない短編集。想像以上に面白かった。サイン入り。

殺人偏差値70 (角川文庫)

殺人偏差値70 (角川文庫)

 

 

父母はもともと短期間だが箱根に住んでいたことがある。

先日もお友達に箱根に連れて行ってもらったと話していたし、それなら熱海かな、と思って母に訊ねると

 

「ロープウェイに乗りたい!」

 

ん、んー?急に具体的な要望だな?

 

聞けば箱根にはなじみ深いがロープウェイにはいちども乗ったことがないとのこと。

そうか、そういえば親父高所恐怖症だったっけ…だから乗ったことないのか!

具体的にやりたいことがあるなら話は早い。ロープウェイを基軸に旅を組み立てよう。

 

と、思ったら。

 

箱根ロープウェイ一部区間運休!マジかー。

旅程をずらすことも検討したが、大涌谷までは動いてるってことで強行決定。

どうせ強風とか悪天候だったら運休するし、こればっかりは運だ。乗れるといいな。

 

 

お次は宿探し。これが案外難航した。

 

というのも、母はベッドと椅子で暮らしている。膝の関係で畳に座ったり布団に寝たりすることが難しいためだ。

 

しかしビジネスホテルじゃあるまいし、温泉旅館と言えばお部屋に床を敷いてもらうのが当たり前。食事も座敷で部屋食ってところが圧倒的に多い。

 

どうせ行くなら露天風呂付きの部屋がいい。誰にも気兼ねなくいくらでも入れる。

そうなるとますます圧倒的に和室が多くなる。

 

 

探せばたしかにあることはある。

だけど、さすがの箱根価格、高齢者=金持ってる仕様、とでも言おうか、上述の条件を満たしているちょっといいなって感じのお宿は1泊1人10万とか平気でする。

オイオイオイさすがにそれはちょっと…

 

 

www.jalan.net

 

 一日がかりでさんざん探してどうにかよさげなお宿をセレクト。1泊1人3万くらいのグレード。それでもわたしにゃじゅうぶんすぎるハイクラスやで!

こちらのレポは実際に行った後にいたします。いい宿だといいなぁ…

 

 

あとは交通機関やら移動時間やらを算定してルートを決めたり、と、やりだすとツアー旅行なみの旅程を組み出してしまう。

普段無計画で飛び出していくぶん、やるとなると分単位でスケジュール決めしたくなるんだよね。

 

 

当日は朝早めに出て箱根フリーパスを買って、母の足の状態を見ながら登山電車やケーブルカーとタクシーを併用しようと思ってます。

全部タクシーでもいいんだけど、登山電車は個人的にわたしが乗りたいので…←

ちょ、ちょうど紫陽花の季節だし!

 

 

なんだかんだ楽しみです。あっロマンスカー予約しなきゃ!

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【スポンサーリンク】