TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

ヒトを語る

f:id:hampemtarutaru:20180816104454p:plain

 

ヒトについて語るのって結構難しい。

 

たとえばB子ちゃんがわたしに「A子ちゃんってどんなヒト?」って尋ねたとしよう。

A子ちゃん、うん、よく知ってるよ。仲いいし。

うんとね、えっとね、それなりに明るくて、ちょっとかわいくて、たまにおもしろいことを言う…?

 

端的にヒトをあらわす単語って少ない。

格別に「美男美女」「頭がいい」とか「ものすっご運動神経がいい」とか「見るからに上品」とか「芸人ばりにおもしろい」なんてな形容詞があてはまる人なんてそう多くない。

 

もちろんヒトは知れば知るほどいろんな面を持っているもので、親密度が高いほど語りだしたら5分や10分じゃすまないだろう。

でもB子ちゃんはべつにA子ちゃんのことをそこまで深く知りたいわけじゃ全然ないからな。

熱く語られても困るっての。

 

だからいざ「どんなヒト?」と訊かれると、あれこれ言葉を探った挙句、わたしはたいていの場合「ふつう」と答える(なんかちょっとヒドイな)。

で、「ふつうだけど、ちょっと○○」てな塩梅。

 

ヒトの言葉で語られる自分の姿にはある意味真実がある。

 

さて自分はどんな言葉で語られているのかしら、と想像してみるが、格別な特徴もなく人付き合いも薄っぺらいわたしは、ヒトの口にのぼることもないんだろうな。

 

「ふつう」っていわれるくらいなら、語られないほうがいいや。

…ってな姿勢がもうアレなんだろね。わかってるわかってる。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】