TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

ショートニング寸前

f:id:hampemtarutaru:20180331103441p:plain

 
子供のころは辛いモノってぜんぜん食べられなかった。

御多分に漏れず、お寿司はいつだってお子様仕様の「わさびぬき」だった。

今じゃ考えられない。

 

食べられるようになったきっかけは、忘れもしない小6時父と出かけた先で入った都会の寿司屋。

 

慣れない環境で落ち着かない気持ちで注文したため「わさびぬき」を伝える余裕もなく、出された1人前の握りにはもれなくたっぷりのわさびが塗られていた。

 

「寿司と言えばわさびが入っていないもの」だった子供、何も考えずばくりと食べ、信じられない衝撃を受けたのは言うまでもなく。

 

なんだよコレ、人の食うもんか?迫害?攻撃?毒物?拷問?

半泣きで本気でそう思っていた。

 

帰宅後両親に兄も交えて「わさびについて」の家族会議(ってナンダソレ)。

 

オトナの意見を聞くにつれ、またチャレンジしてみようという気が起き、それを繰り返して今に至る。

 

辛いモノが得意になったわけではないが、いずれの種類の辛いものも人並みには食べられるようになった。自分で辛い料理も作るし。

 

ただまあ、甘いモノと辛いモノどっちが好きかと問われたら迷わず甘いモノ。

 
辛いものは神経を鋭敏にさせるというか尖る感じがするが、甘いものはなんかこう、緩む。
顔も心も、カラダも緩む。
 
 
…いやちょい待て、体が緩むのはマズイな。
チョコレートで食用油脂のカタマリみたいな体になっちゃシャレにならんわ。
 
 
ま、甘いものも辛いものも程度モンってことですな(無難な着地)。
 
***
ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【スポンサーリンク】