TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

本棚の中身

f:id:hampemtarutaru:20190427110557p:plain

 

TOP絵は使い回しのカット的落書きで、本文は過去ログから手を入れずそのまま移植。

だいぶ昔に書いたものなのでいろいろヒドイですが薄目でお読みくだされば幸いです。

 

***

 

たくさんの本と付き合える人はいる。

あらゆるジャンルの古いものから新しいものまで、ズラリと棚に並べてしかも飾るだけでなく中身も読んで自分のものにできる。そんな人の書庫をわたしはちょっぴり羨ましい気持ちで眺める。

毎日が刺激的でさぞ華やかだろう。

 

わたしの本棚はといえば、至極寂しいものだ。

入ってる本は数冊。さまざまな古書新書の背表紙や帯の紹介に強烈に惹かれることもあるけれど、その数冊で手一杯なのも事実。だからめったに新しい本を棚に追加することはない。

 

しかもその僅かな本でさえ、日に日に頁が増えていく。

それらを見逃しくたくない、じっくり読み込みたいと思えばほかの本を読んでいる暇なんてない、ってのがホントのところだ。

 

どっちがいいかはわからんが、わたしはその数冊の良書でいまのところ満足している。

 

本=人って話。

実際の本は乱読派で家じゅうに山積みです。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】