TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

【トキワ荘の街】椎名町【昭和漫画の心のふるさと】

f:id:hampemtarutaru:20190204093525p:plain


西武線椎名町という駅がある。

急行も止まらない、駅前もこれといって栄えているほどではない駅だが、ここは一部の人にとってはちょっと有名だ。

 

はむぺむがその周辺に車を乗り捨ててきたので、翌日朝に二匹で回収へ向かった。

通ることはあっても降りることのない駅だ。

駅の発車メロディーが「怪物くん」。

 


椎名町駅 発車メロディ「おれは怪物くんだ」

 

どうやらこの曲のようなのだが、正直全然ぴんと来なかった。

 


おれは怪物くんだ / 白石冬美

 

わたしらにとって怪物くんの曲ってこっちなんだよ。

 


懐かしい!!【怪物くん】の歌

 

 

発車メロディーは土地にゆかりのものが使用されることが多いのはご承知の通り。

 

www.hampemtarutaru.com

 

そう、ここ椎名町は昭和漫画の巨匠たちが住んでいた伝説の「トキワ荘」があったゆかりの地。

駅を降りると案内板が散策マップになっていた。

 

f:id:hampemtarutaru:20190204092027j:plain

 

正直今後来る機会も限りなくない気がする。

せっかく来たし、主要のものだけでも見て行こうという流れになった。

 

少し歩くとこんな看板が出てきた。寄ってみよう。

 

f:id:hampemtarutaru:20190204083705j:plain

 

そう大きな建物でもないが、中にはトキワ荘ゆかりの漫画家の漫画がずらり。

2階は当時の部屋を再現したものなどが展示されていて、常駐している区の案内の方がくわしくつきっきりで解説くださった。

内部の撮影は許可してくれたものの、ブログ等での拡散はちょっとというお話だったので写真は外の看板のみ。

30分くらいは滞在したかな。おみやげ品も販売しているようです。

 

f:id:hampemtarutaru:20190204083605j:plain

 

お休み処をあとにして周辺を歩き回ってみる。

 

こういった看板は随所にあったが、もはや現存している建物は少ないようだ。

 

f:id:hampemtarutaru:20190204083722j:plain

 

実際の跡地は現在「日本加除出版株式会社」が社屋として使っている。

モニュメントが設置されていて、わたしらを含め観光客(今風に言うと聖地巡礼者?)があとを絶たないようだ。

この日もちらほらと観光客の姿があった。

 

f:id:hampemtarutaru:20190204083756j:plain

 

f:id:hampemtarutaru:20190204083823j:plain

 

当時の間取り。

 

f:id:hampemtarutaru:20190204083836j:plain

 

現存している数少ない建物のなかでも、いまでも元気に営業しているある意味伝説の中華料理屋「松葉」。

このときはまだのれん出てなかったけど、ひとしきり歩いた後戻ると開店していたので食べていくことに。

 

f:id:hampemtarutaru:20190204083848j:plain

 

許可をいただいてお店の中も撮らせていただいた。

有名漫画家のサイン色紙がズラリ。

 開店直後にもかかわらず観光客とおぼしき客もちらほら。みんな写真撮ってた。

 

f:id:hampemtarutaru:20190204083916j:plain

 

そしてラーメンはザ・昭和!

うーん、これはたしかにうまい。

 

f:id:hampemtarutaru:20190204083955j:plain

 

f:id:hampemtarutaru:20190204102858j:plain

 

2020年にはこのあたりにある公園に、トキワ荘を再現するというプロジェクトがあるらしいです。

興味のある方は、それが完成したころに行ってみるほうがより楽しめるかもしれません。

区を挙げて観光資源として押し出して行こうと取り組んでいる感じがしました。

 

 

有名漫画家たちのルーツをめぐる椎名町散歩、なかなか楽しかったです。

 

 

www.hampemtarutaru.com

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】