TOP / PROFILE / INDEX / POLICY / CONTACT /

【スポンサーリンク】

私語の内容

f:id:hampemtarutaru:20180706073631p:plain

 

食道楽の我が家。

正確にははむぺむが超絶激務人のため、食うくらいしか道楽がないから必然的にそうなってるんだけどね。

 

すこーしずつお仕事が落ち着いてきたのでリッチに外食。

記録残さぬ間に恐ろしいほどの速度で暦が過ぎていき、いまさらの記録。

行ったのどんくらい前だったかなー。1ヶ月?2か月?

 

 

その日の夕飯は、自宅からほど近い豆腐料理屋。

以前Iちゃんとランチで訪れたことはあるが、夜は初。

 

ameblo.jp

 

平日の夜とあってお客さんはまばら。

カウンターの中に職人が2,3人、ホールは外国人女性ひとり。

 

順不同だが食べたもの。もはや名称が思い出せないものもアリ…

 

いかめし…だったかな

f:id:hampemtarutaru:20180622094427j:plain

 

さばの刺身だった気が

f:id:hampemtarutaru:20180622094438j:plain

 

これなんだっけ。マジで思い出せん

f:id:hampemtarutaru:20180622094448j:plain

 

はも!小骨全然気にならず丁寧な処理

f:id:hampemtarutaru:20180622094459j:plain

 

あなごの白焼きふわっふわ!

f:id:hampemtarutaru:20180622094507j:plain

 

なんかの白和え。豆腐屋らしい一品

f:id:hampemtarutaru:20180622094529j:plain

 

なんかの味噌汁

f:id:hampemtarutaru:20180622094538j:plain

 

豆腐屋といっても魚介が充実していて、その魚を調理する腕も確か。

なかなかよいお店、だったのだが、ひとつだけ残念だったことがある。

 

職人と女性外国人店員の会話。

「えー、刺身食べたことないの?」

「ハイ、食べたことないデス」

「国ではお刺身食べないの?」

「ハイ、生でお魚食べる事ないデス」

「食べさせてあげるよー、おいしいよ」

「ハイ、でもなんかこわくてあまり好きではアリマセン」

「うちの料理なら大丈夫だよ、きっと好きになるよ」

 

一見普通の会話、なんだけど。

 

提供してる品物を店員がまるで知らないって、なんかちょっと個人的には興醒めだ。

商品知識をばっちり持てとまでは言わないけど、せめて売ってるものの良さくらいは知っててくれないと、ねえ。

 

 

マックの店員が「ジャンクフードは体に悪いから食べたことがありません」って言ってたら食う気失せるじゃん。

「こないだ3枚1000円でスッゲかわいいTシャツ売っててさー」って話してる店員にアルマーニのスーツ勧められて買うか?

「えー、もう今の世の中車なんていらなくね?持ってたって維持費かかるだけだし、レンタカーで充分充分」って言ってるセールスマンから車なんて絶対買わない。

 

 

仕事中の私語、ってのはそれ自体、仕事を円滑にする部分もあるから否定はしない。

ただその「内容」は、思った以上に注意が必要だ。

 

 

飲食店勤務の、私語の大好きな、しかも無駄に声のデカイわたしは、営業中の私語のセレクト時に一応最低限「汚い話」「虫の話」「店についてのマイナスな話」は絶対しないように心掛けている。

動物の話や小さい子供の話も危険。どうしても自然とシモの話が入っちゃうから。当然病気関連も避けたほうが無難だ。

 

要するに、万一お客の耳に入って不快に思う話題はNGってこと。

そして客って意外と聞いてるんだよね。

 

 

そんなことを考えつつ、このお店にリピートはしばらくないなー、と思っちゃった。

 

外国人がいけないわけじゃない。会話自体も取り立てて非難されるようなものでもない。

まして料理はしっかりおいしかった。お値段はちょっとお高めだったけど。

 

 

たったそれだけの要素で、もうしばらく行くことないな、って思ってる自分がなんか逆に怖かった。

ああ、自分が店員の時はほんとによっぽど気をつけないとな。

 

 

そうして結局「私語はしないのが安全無事」って学ぶと、ヒトは私語をしなくなるんだろう。

でもわたしはやめないよ!そこに私語がある限り!(ナンダコレ

 

 

www.hampemtarutaru.com

 

www.hampemtarutaru.com

 

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 

【スポンサーリンク】